PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

家族の絆 古くて新しい檀家の課題

2020年11月25日 10時40分

11月22日はいい夫婦の日だった。コロナ禍で迎えた今年、在宅勤務でお互いに家にいることが多くなり、コミュニケーションや会話の機会が増えた。そのため、夫婦の仲が「良くなった」と答えた人が「悪くなった」の3倍を超えたという。それは結構なことだが、しかし「悪くなった」中には深刻なケースもあるだろう。

実際、コロナ問題により生活不安やストレスが重なって、家庭内暴力の相談件数が1・6倍に増えたという報告もある。良くもあしくも家族が一つ屋根の下で向き合う関係が問われているのである。

その一方で、若い世代では家庭を築けない人が近年とみに増加している。結婚や異性との交際をしていない人の割合は男性が約51%、女性が約41%である。この20年余りの間で男性は10ポイント以上上昇し、女性は1・5倍に増えたという。気になるのは、異性との交際を望んでいない人の中で、収入が低い人や非正規雇用者らにそうした傾向が強いということだ。これも深刻な問題である。

仏教では「檀家」というくらいだから、寺院が檀信徒をケアする単位は「家」である。伝統仏教だけではなく、仏教系新宗教も信者数を世帯単位で数えている。ここでいう家とは、家制度ではなく家族・家庭のことを指す。日本では宗門・教団を護持するのが信者家庭であり、またその信者家庭を丸ごとケアするのが個々の寺院・教会の役割である。その意味で、仏教は家を守る宗教と言っても、決して言い過ぎではないだろう。

今、家族が危機に瀕している。家族の絆は古くて新しい問題である。絆は「ほだし」とも読み、拘束や縛りという意味でもあった。東日本大震災以降は絆はポジティブな意味で使われ、喧伝されてきたが、コロナ禍の下、今度は一転して社会的距離を取れという。家族とは、気が付いた時にはすでにいや応なく結び付いた関係にある。それは一歩誤ると怨憎会苦の修羅場にもなり得る。その一方で、家族を形成できず“孤族”化する若い世代の存在は、無縁社会の予備軍である。

家族をつくるのにも家族を維持するのにも、人間関係のスキルを養うことが必要である。その場合、仏教には智慧と慈悲の教えによる対応が可能だ。それぞれ家族の事情も異なるだろうが、だからこそ対機説法の要領で臨機応変に対応できるのが仏教の強みである。「檀家」という形で檀信徒の家族を見守り、世話していくという基本線からぶれないことが、コロナ禍の時代の仏教に求められる。

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える4月9日

今年は聖徳太子1400年遠忌に当たり、各地の寺院では様々な行事が行われている。中でも法隆寺では、「聖徳太子1400年御聖諱法要」が執り行われた。聖徳太子は622(推古30…

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること4月7日

4月8日の釈尊降誕日は、誕生仏に甘茶をそそぐ「灌仏会」が古くから営まれてきた。明治以降は「花まつり」として親しまれるようになり、全国の寺院、仏教系の保育園や幼稚園、地域仏…

延期が適切 コロナ下のオリンピック4月2日

東京オリンピックの今夏開催に疑問を抱く人は多い。新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるには人々の移動を制限し、人が集まるのを避けることが重要で、国民はそのために多大な困難…

就任の「お言葉」を述べる金光浩道教主

新教主の就任奉告祭 春の大祭にあわせ執行 金光教

ニュース4月10日
能登半島地震の被害から完全復興した祖院の大祖堂前で記念撮影する参列者ら

曹洞宗 總持寺祖院が落慶 完全復興 能登半島地震から14年

ニュース4月10日

釈尊の降誕祝い 各地で花まつり 花御堂に手合わせ 本山本願寺

ニュース4月9日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加