PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

対話の前提 キリスト教的伝統との差異

2020年11月27日 11時02分

前世紀中頃に国際的規模で始まった「仏教とキリスト教の対話」は日本でも続いているが、基本的な点で相互理解にはまだ不十分なところがある。

その一つに「キリスト教は共同体だが仏教は個人的である」という違いがある。むろんキリスト教にも神秘主義のように個人性の強い部分があり、仏教にも日蓮宗のように社会性の強い宗派があるから、この違いは程度の差にすぎないが、比較の問題としてはやはり違いがある。これに対し仏教にもサンガがあるとよく指摘されるが、ここでいう違いとはそういうことではない。

そもそもキリスト教の母体であるユダヤ教の聖典旧約聖書によれば、ユダヤ人の先祖ヘブル人はエジプトで奴隷状態にあった。神の委託を受けたモーセに率いられてエジプトから脱出し(前13世紀とされる)、パレスチナに建国するのだが、その前にシナイ半島で神と契約を結ぶ。それは、神ヤハウェは民イスラエルの神となり、民イスラエルは神ヤハウェの民となるという関係の合意であり、この契約に基づいて民は神から与えられた、いわゆるモーセの十戒を守る義務を負うことになる。

ユダヤ教は、契約と律法に基づく「神の民」形成に神のはたらきを見たわけである。この「歴史」はキリスト教にも受け継がれる。キリスト教はイエス・キリストの仲介によって神と新しい契約が結ばれ、新しい神の民(教会)が成立したと説く。キリスト教は新しい「神の民」の形成という「歴史上の出来事」に神のはたらきを見たわけだ。キリスト教が共同体的だというのはそのような意味である。

ところで、マルクス主義はよくキリスト教的終末論の世俗化だといわれる。つまり内容はまるで違うけれども、ユダヤ教-キリスト教は本来、マルクス主義のように共同体的・歴史的なのである(実はマルクスがこの点でユダヤ教-キリスト教的なのだが)。キリスト教も近代以来、個人主義化しているが、本来は上記の意味で共同体的・歴史的であり、それはキリスト教神学の古典であるアウグスチヌスの『神の国』に見られる通りである。神学は神の民の歴史に即して構成されるわけだ。

仏教とのこうした差異は優劣の問題ではなく個性の違いだが、例えば社会は契約に基づいて成り立つというような、キリスト教的西欧に強く見られる共同体的・歴史的思考は、インド、中国、日本の伝統には希薄で、前者はなかなか馴染み難く、誤解も生むようである。

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える4月9日

今年は聖徳太子1400年遠忌に当たり、各地の寺院では様々な行事が行われている。中でも法隆寺では、「聖徳太子1400年御聖諱法要」が執り行われた。聖徳太子は622(推古30…

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること4月7日

4月8日の釈尊降誕日は、誕生仏に甘茶をそそぐ「灌仏会」が古くから営まれてきた。明治以降は「花まつり」として親しまれるようになり、全国の寺院、仏教系の保育園や幼稚園、地域仏…

延期が適切 コロナ下のオリンピック4月2日

東京オリンピックの今夏開催に疑問を抱く人は多い。新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるには人々の移動を制限し、人が集まるのを避けることが重要で、国民はそのために多大な困難…

就任の「お言葉」を述べる金光浩道教主

新教主の就任奉告祭 春の大祭にあわせ執行 金光教

ニュース4月10日
能登半島地震の被害から完全復興した祖院の大祖堂前で記念撮影する参列者ら

曹洞宗 總持寺祖院が落慶 完全復興 能登半島地震から14年

ニュース4月10日

釈尊の降誕祝い 各地で花まつり 花御堂に手合わせ 本山本願寺

ニュース4月9日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加