PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

三つの市場論 中国宗教界の変動の力学

2020年12月2日 14時32分

中国には「赤色」「黒色」「灰色」の三つの「宗教市場」があるという。「宗教市場」は響きがいいとは言えない言葉だが――最近唱えられ始めた「宗教市場理論」を踏まえている――、楊鳳崗・パデュー大教授の説である(櫻井義秀編著『中国・台湾・香港の現代宗教』、明石書店、所収「中国における三つの宗教市場」)。

宗教市場理論は宗教の盛衰を経済学の市場理論に引き寄せて検討するもので、「宗教離れ」現象を世俗化論と異なる視点から解釈する。伝統宗教・制度的宗教が魅力ある「商品」を提供する柔軟性を失えば、需要を満たすものを提供できる新たな宗教が選択される。制度的宗教の衰えは宗教そのものの衰退ではない、というのが大ざっぱな見取り図だろう。

中国の3色の宗教市場に話を戻す。赤色市場は共産党が公認する仏教、キリスト教など5宗教、黒色市場は法輪功など禁止される宗教、灰色は文字通り法的地位が微妙なグレーゾーンの宗教を指す。楊教授によれば、中国では共産党の厳しい規制にもかかわらず宗教は撲滅されることなく、三つの宗教市場相互の力学の中でマクロな宗教変動を見せている、という。

政府・党の抑圧的規制がもたらしたのは宗教市場の複雑化だと楊教授は分析する。公開の活動を行う赤い市場は党の指導に従う。そのために人々の宗教に対する需要を満たすことができなくなれば、人々はリスクを冒して黒色市場に向かう。ただしこのリスクがあまりに大きい(弾圧が激しい)とき、灰色市場の活動が活発化する。

灰色市場の例としては、毛沢東崇拝や気功のような代替的スピリチュアリティが挙げられている。政府機関による寺院の再建支援も灰色市場の動きの一例として挙げているのは興味深い。「経済のために宗教で土台をつくる」という発想は日本でもありそうだが、それで宗教復興に拍車がかかった。

ただし灰色市場で勢力を拡大した法輪功が邪教とされ、気功団体の多くも非合法化されたことで、中国の3色市場は勢力図が変化した。楊教授は赤色市場人口が約1億、黒色市場は約2億と推定。残る10億も全てが無神論者というわけではなく、数億人が灰色市場に存在するだろうとみている。

規制すればするほど不安定に、御し難くなる灰色市場は新しい宗教の草刈り場になるというのが楊教授の指摘だ。

さて、この宗教市場理論が日本にどの程度当てはまるか。3色市場の分類はもちろんそのままでは使えないが、政教関係を別にすれば参照することもできそうだ。

聖徳太子御聖諱 国際化時代の和を訴える4月9日

今年は聖徳太子1400年遠忌に当たり、各地の寺院では様々な行事が行われている。中でも法隆寺では、「聖徳太子1400年御聖諱法要」が執り行われた。聖徳太子は622(推古30…

釈尊の降誕を寿ぐ 憂いなく安穏であること4月7日

4月8日の釈尊降誕日は、誕生仏に甘茶をそそぐ「灌仏会」が古くから営まれてきた。明治以降は「花まつり」として親しまれるようになり、全国の寺院、仏教系の保育園や幼稚園、地域仏…

延期が適切 コロナ下のオリンピック4月2日

東京オリンピックの今夏開催に疑問を抱く人は多い。新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるには人々の移動を制限し、人が集まるのを避けることが重要で、国民はそのために多大な困難…

就任の「お言葉」を述べる金光浩道教主

新教主の就任奉告祭 春の大祭にあわせ執行 金光教

ニュース4月10日
能登半島地震の被害から完全復興した祖院の大祖堂前で記念撮影する参列者ら

曹洞宗 總持寺祖院が落慶 完全復興 能登半島地震から14年

ニュース4月10日

釈尊の降誕祝い 各地で花まつり 花御堂に手合わせ 本山本願寺

ニュース4月9日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加