PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

共に生きる社会 いのちを弔い重み伝える

2020年12月4日 10時05分

コロナ禍の中で「いのちの学び」をテーマにオンラインのセミナーが開かれた。主題材は「安楽死・尊厳死」についてだったが、現代社会で揺れるいのちのありようを巡って論議は広がり、本質的に通底する多くの問題で宗教者にも役割があることが浮かび上がった。

生命倫理学者らがまず、重症のALSの女性患者の依頼で医師が嘱託殺人を犯した事件について論述。報道を受けてインターネットなどで「あんな状態になったら自分も死にたい」「人工呼吸器を付けるくらいなら尊厳死したい」などという、健常な者が現実の患者たちの置かれている状況への想像力もなく無責任に発信することについての問題点が指摘された。

そしてそこに共通する、役に立つ・立たないで人間のいのちを選別することの暴力性が見えてくる。戦前、ナチスが精神障害者らを抹殺した「安楽死政策」を持ち出すまでもなく、「障害者は不幸をつくる」と主張して19人を虐殺した「津久井やまゆり園事件」も同じことだ。ナチスに「貧しい人、病人、非生産的な人、いて当たり前だ……彼らを殺してよいとするならば、体が不自由になった人、老いて弱った時の私たちすべてを殺すことが許されるだろう」と抵抗したフォン・ガーレン司教の言葉が事件で再認識された。

歴史や特別な出来事だけではない。出生前診断やさらに前段の着床前診断で生まれるいのちを選別するケースは増加しているし、国民をいのちの不安に陥れるコロナ禍では、高齢患者が人工呼吸器などを若者に譲ることが“美談”扱いされたり、基礎疾患で「治療効果がより低い」と見なされた患者を選別するトリアージが現に欧州などで行われたりしている。

重要なポイントは個々の当事者、一人一人のいのちのリアルな物語の重みだ。セミナーでは、ALS女性患者が入浴を男性ヘルパーに介助されるなど尊厳を損なわれ、殺害され、社会からも悼まれないことで「三重に殺害された」との指摘があった。やまゆり園事件でも、被害を受けた入所者たちは長く施設に収容された人も多く、殺害され、そして弔いでも匿名の障害者として扱われることによっていわば存在を抹消された。

やまゆり園の地元では元職員の男性らが「共に生きる社会を考える会」を結成し、犠牲者の氏名を出して追悼碑を作ることを検討している。入所者と顔見知りだった地域の寺院の住職は、園の前で供養を続けている。住職の言うように、宗教者には一人一人を弔うことを通じて全てのいのちの重みを訴え続ける役割があるはずだ。

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場6月11日

和歌山県で自死念慮者の相談を受け、保護する取り組み「いのちの電話」を長年続ける白浜バプテスト基督教会の藤藪庸一牧師から、コロナ禍の影響で相談が倍増しているとの知らせが来た…

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ6月9日

6月10日は「時の記念日」である。国民の祝日ではないが、日本の記念日として大正9(1920)年に制定されてから今年で101年になる。天智天皇10(671)年の4月25日に…

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に6月4日

日本では、伝統仏教の寺院の大半は世襲制である。新宗教の教会や布教所にも世襲化された所が多い。そこでは、宗教施設を支えるのは寺院家族、教会家族である。家族が弱体化しているの…

奉納した襖絵の前で歓談する(右から)細川氏、小堀管長、奥村宗務総長

細川元首相の襖絵公開 栄西禅師生誕880年 建仁寺大書院で

ニュース6月14日

「懲戒処分は総合的考慮」 元職員裁判控訴審で神社本庁主張 「信教の自由」論点示さず

ニュース6月14日

可睡斎斎主に采川氏 24日に退董式と入寺式

ニュース6月11日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加