PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2021
PR
墨跡つき仏像カレンダー2021

コロナ禍の1年 心を鎮める教えに心向ける

2020年12月18日 13時51分

新型コロナ感染者の累計は4月2日には世界で100万人を超えた。1千万人を超えたのは6月28日。12月上旬には7千万人に近づき、死者も150万人を超えた。生活のあらゆる面に影響が及び、人と人の触れ合いが重要な宗教的営みの多くが分断された。

国内では定期的な宗教行事の自粛が相次ぎ、何十年あるいは何百年と続いた神社や仏教宗派の記念行事も軒並み中止や延期の事態となった。今年は『日本書紀』編纂1300年の節目だったが、國學院大で予定していた企画は延期となった。明治神宮は創建100年の年だったが、祭典は行ったものの賑々しい行事は取りやめた。他方、コロナ退散の祈願や祈祷も行われ、突如話題となったアマビエを描いたお守りも登場した。

キリスト教やイスラム教では教会やモスクで定期的に礼拝を行うが、それも様変わりした。3月下旬には、イタリアのカトリック教会が会衆席に信者の写真を並べてミサを行ったニュースが流れた。

イスラム教でも3月頃から金曜日の集団礼拝を控える国が増えた。イスラム暦の第12月に行われる巡礼(ハッジ)は、今年は7月下旬に始まった。サウジアラビア政府は6月下旬に国外からの巡礼者の受け入れを中止すると発表した。ごく小規模の行事になった。

信仰実践とコロナ対策がぶつかり合う局面は、日本ではほとんど見受けられなかったが、韓国では2月に新天地イエス教会が集団での礼拝を強行し、感染を拡大させたとして批判を浴びた。8月にはサラン第一教会の牧師が疫学調査の妨害などで告発された。米国ではニューヨーク州のクオモ知事がコロナ感染者の大規模発生地域に対する一部礼拝所の人数制限などを10月に定めた。ユダヤ教組織とカトリック教会がこれに反発し訴訟となった。

コロナ問題とは直接関係はしないが、宗教間の分断や対立のニュースも少なくなかった。国内では香川県の金刀比羅宮が10月に神社本庁を離脱した。本庁への不信感が募ったなどの理由である。トルコ・イスタンブールの世界遺産アヤソフィアが博物館からモスクになり、7月に86年ぶりに金曜礼拝が行われた。ローマ教皇は悲しみの意を示した。フランスのシャルリー・エブド紙が9月にムハンマド風刺画を再掲し、これに関連して10月にはフランス人教師が殺害される事件が起こった。

世界中の人々が強いストレスにさらされ、感情の爆発が起こりやすくなっている可能性もある。こういうときこそ、心を鎮める宗教の教えを顧みたい。

阪神淡路27回忌 未来に語り継ぐ課題1月22日

1995年1月17日の阪神・淡路大震災から26年がたった。仏教では二十七回忌に当たる節目だが、今年はコロナ禍の下、特別の年回忌になった。 時の経過とともに記憶は自然と薄れ…

宗教縁の時代 キーワードはソロ社会1月20日

コロナ禍の中、よく言われるのが社会的距離という言葉である。しかし、その内容からすれば、物理的距離と呼んだ方がより正確な表現だ。人間が社会的存在である以上、個人と社会とは切…

見える構造的課題 社会参画型仏教の現況から1月15日

日本におけるエンゲイジドブッディズムの現況とその課題を論議するオンラインシンポジウムが先般行われた。仏教者による社会参画の多くの具体例から、日本社会で仏教の底力が求められ…

PR
檜皮葺きの作業風景。文化財建造物の寺社での修理が技術継承に貢献する

伝統技術継承に課題 ユネスコ登録の「建築工匠の技」

ニュース1月22日

ハラスメントで懲戒免職も 妙心寺派、防止規約協議

ニュース1月22日
御衣と共に御影堂へ還列する布施大阿(中央)

後七日御修法が結願 布施大阿、真言宗長者へ

ニュース1月21日
顔認証付き検温器「QHT」 PR
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加