PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

コロナ禍の課題 宗教の価値を説くべき時

2021年1月8日 16時58分

2020年を揺るがした出来事は、何といっても新型コロナウイルスの世界的大流行である。我が国では、政府の場当たり的な対応に振り回されてきた一年でもあった。GoToトラベルを巡る推進や中止のドタバタはお粗末極まりなく、また失業や生活苦のため自殺者が急増し、これが福祉国家かと言うべき由々しき事態だ。

年末に入り、ようやくワクチンの実用化に目途が立ち、接種が開始された国もある。新しい年を迎えても、ウイズコロナの現実は変わらず、引き続き油断は厳禁だが、アフターコロナの兆候には素直に期待を表明したい。

仏教界・宗教界もまた、時ならぬコロナ禍に直面し、右往左往しながらも対応してきた。本紙においても、毎号のように寺院や教会での取り組み事例を掲載し、また社説や論などでこの疫災を巡る諸問題を多角的に取り上げた。そこから、アフターコロナ時代における宗教の課題と展望が見えてきたように思う。最大公約数的にまとめれば、次のように言えるのではないか。

①アフターコロナにあっても、不特定多数で集まる法会や礼拝は困難になるだろう。宗門や教団の運営には抜本的な組み直しが不可欠だ。宗教は、どこまでも信者目線に立ち、日常生活の中で信仰・信心を育んでもらうよう努めるべきである。

②コロナ禍の中で、この世の苦の現場はいっそう先鋭化してきた。孤立無援の人々の姿が見えにくくなりつつある中、宗教は世の中の動きに今以上に敏感でなければならない。そして人々の苦に真っ直ぐに向き合い、きめ細かく対応していくことが求められる。

③この疫災はなにゆえに起こったのか、また苦難の中を心倒さずに生きる意味はどこにあるのか、人々は答えを求めている。これに対して、神仏の教えから語れるのは宗教者しかいない。今こそ、人々の心に届く言葉で語り、宗教の価値を説いていくチャンスだ。

④ウイルスについては未知の部分が多く、専門家の意見もまちまちである。それだけに、宗教者においても偽情報に惑わされない情報リテラシー、また最小限の科学リテラシーが欠かせない。それだけでなく、適切な社会的発信をしていくことも期待されよう。

これらは、いずれも宗教が取り組んできた課題ばかりだといってよい。それがコロナ禍を通じて炙り出されてきたのである。いま一度、教化と救済の原点に立ち返るならば、アフターコロナ時代の宗教は、また新たな社会的地歩を築いていくことができるだろう。

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場6月11日

和歌山県で自死念慮者の相談を受け、保護する取り組み「いのちの電話」を長年続ける白浜バプテスト基督教会の藤藪庸一牧師から、コロナ禍の影響で相談が倍増しているとの知らせが来た…

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ6月9日

6月10日は「時の記念日」である。国民の祝日ではないが、日本の記念日として大正9(1920)年に制定されてから今年で101年になる。天智天皇10(671)年の4月25日に…

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に6月4日

日本では、伝統仏教の寺院の大半は世襲制である。新宗教の教会や布教所にも世襲化された所が多い。そこでは、宗教施設を支えるのは寺院家族、教会家族である。家族が弱体化しているの…

奉納した襖絵の前で歓談する(右から)細川氏、小堀管長、奥村宗務総長

細川元首相の襖絵公開 栄西禅師生誕880年 建仁寺大書院で

ニュース6月14日

「懲戒処分は総合的考慮」 元職員裁判控訴審で神社本庁主張 「信教の自由」論点示さず

ニュース6月14日

可睡斎斎主に采川氏 24日に退董式と入寺式

ニュース6月11日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加