PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

宗教縁の時代 キーワードはソロ社会

2021年1月20日 10時45分

コロナ禍の中、よく言われるのが社会的距離という言葉である。しかし、その内容からすれば、物理的距離と呼んだ方がより正確な表現だ。人間が社会的存在である以上、個人と社会とは切り離せない関係にある。人間とは文字通り人と人との間、つまり世間や社会というのが本来の意味であるが、現代日本語では一人でも人間と呼ぶ。これは人間学的に大切なポイントだと言えよう。

現在、在宅勤務や会食の自粛などで他人との接触機会が減ってきた。そんな中、一人でいることに注目が集まっている。一人で仕事したり余暇を過ごすことの意義を再発見できるようになったのは、コロナ禍の思わぬ効用であった。

これまで一人でいることには、お一人様とか独りぼっちとか言われ、孤独なイメージが付きまとっていた。一人で食事するのも「ぼっち飯」と呼ばれ、仲間がいないと見なされるのが嫌で、トイレで個食(孤食)するような人もいた。しかし今は違う。会食自粛の掛け声の中、堂々と一人で食事ができるようになった。最近では一人のことをソロと言い換え、昨年はソロキャンプという言葉まで流行語になった。キーワードはソロ社会である。趣味の活動などを一人で楽しむことにも評価が高まってきたのは良い傾向だ。

その一方で、人間にはつながりが必要である。同じ人間同士の横のつながりのほかに、神仏のような超越的存在との縦のつながりも大切なものだ。縦のつながりの中で、人は一人で神仏に向き合うことが求められる。神仏と静かに対峙することで、人生や生死の問題もおのずと深められ、救いの道筋も見えてくる。宗教の原点はまさにそこにあった。

この時の「一人」は、キルケゴールの言う単独者に近い存在になっている。また、単独者として互いに共鳴でき、いっそう神仏へといざなっていく導き手も必要である。それが宗教者の在り方であろう。そして、寺院や教会の役割とは、神仏を媒介にして人々が出会う場でもある。

今、人々が多数集まって、法会や礼拝に参加することが困難になっている。しかしオンライン化により、スマートフォンやパソコンのモニターを通じて檀家や信徒へと直接つなげる試みが行われている。それは寺院や教会のバーチャルな拡大である。そして、宗教者一人一人の役割が今以上にクローズアップされてこよう。コロナ禍の中で出現したソロ社会は、人々を神仏につなげ、宗教縁へと取り結ぶことができる絶好の機会であると言えないだろうか。

かつて日本が辿った道 香港民主派の大量辞職に憂慮7月30日

香港立法会(議会)では、昨年ほぼ全員の民主派議員が辞職した。今起こりつつあるのは、区議会での民主派議員の大量辞職である。すでに200人以上の民主派議員が辞職ないし辞意を表…

いのちの重み伝える やまゆり園事件から5年7月28日

相模原市の知的障がい者福祉施設「津久井やまゆり園」で「障害者は不幸を作る」と主張する男によって入所者19人が殺害され、26人が重軽傷を負わされた事件から5年になるのを前に…

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要7月21日

新型コロナウイルス感染症による日本国内の死者が1万5千人を超えた。東日本大震災で死亡した方々に匹敵する数である。世界ではすでに400万人を超えている。感染症に罹患して亡く…

除幕された賽銭箱に硬貨を入れて柏手を打つ観月氏と髙田宮司(左端)

京都嵯峨の芸能神社 観月ありさ氏が奉納 賽銭箱、協力申し出実現

ニュース8月3日
「もっともっと日本の研究者の研究成果を発信していきたい」と話す編集長のローズ大谷大名誉教授

東方仏教徒協会設立100年 英文学術雑誌をリニューアル 日本の研究者の発信期待

ニュース8月3日
夜の三井寺で妖怪登場

夜の三井寺で妖怪登場

ニュース8月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加