PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021 墨跡つき仏像カレンダー2021

阪神淡路27回忌 未来に語り継ぐ課題

2021年1月22日 10時41分

1995年1月17日の阪神・淡路大震災から26年がたった。仏教では二十七回忌に当たる節目だが、今年はコロナ禍の下、特別の年回忌になった。

時の経過とともに記憶は自然と薄れる。日本を破滅へと追いやったあの戦争ですら、わずか11年後には、経済の安定的発展を背景に「もはや戦後ではない」(1956年度『経済白書』)と語られた。むろん戦争の記憶が消え去るわけではないが、市民の意識のベクトルは昭和30年代から40年代にかけての高度経済成長の時代へ向けて(そしてバブル崩壊に至るまで)、確かに変わっていったと言えるだろう。

では、阪神・淡路大震災はどうか。現地にいた人にとって、地震発生直後の神戸の情景は、26年前の記憶の中で今も鮮明な映像としてよみがえるだろう。被災地で見知った人々の表情、語り合った言葉も、時間を超えて生々しく記憶として再生される。

むろんこれは震災に何らかの形で関わった体験者の事情である。若い社会人や大学生以下の世代はもはや阪神・淡路大震災を直接には知らない。ただし、阪神・淡路以後、若い世代も含め私たちは多くの経験、見聞を共有してきた。

オウム真理教地下鉄サリン事件は同じ年の3月20日だったが、2001年9月11日にはアメリカ同時テロが起きた。11年3月11日の東日本大震災、トランプ氏の政治が象徴する深刻な社会の「分断」、今も続く新型コロナウイルス感染症をはじめ、私たち自身の生き方や世界の見方までが問われた事件、災害など、この四半世紀の出来事は枚挙にいとまがない。

その中で、阪神・淡路大震災をきっかけとして1995年が「ボランティア元年」と呼ばれるようになったことに、ある希望を示す特別の意味を見いだす考え方ができるだろう。阪神・淡路大震災は「もはや26年」の過去ではない。共助の精神に関して今につながる重要な起点なのだ、と。

今年の1・17慰霊法要は、新型コロナウイルス感染症対策で、内容も一部変更して行われた。特に、主な被災地だった兵庫県が感染者の増加で緊急事態宣言の対象となったこともあり、法要・行事の参加者数が制限され、追悼の式としては寂しいものであったのは否めない。

コロナ禍によって犠牲者追悼の特別の年になったが、これを記憶の風化のきっかけにしてはならない。阪神・淡路大震災の体験をどのように語り継ぎ、次世代に伝えるかは宗教者にとっての大きな課題として残された。

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方2月26日

世界の食料廃棄量は年間13億㌧と推計され、また人の消費のために生産された食料のおよそ3分の1が廃棄されているという。農林水産省によると、日本国内の食品ロス量は年間643万…

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を2月24日

アメリカのバイデン政権が就任後初の仕事の一つとして気候変動に関するパリ協定への復帰を発表した。2015年に採択された同協定は地球温暖化の進行を抑制するため、温室効果ガスの…

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは2月19日

東日本大震災と原発事故発生から来月で10年になる。被災地では今なお苦難と悲嘆に苛まれる人々が多い。日本を揺るがせた空前の災厄に今後も向き合い続けるには、宗教者にいかなる立…

新法印に稲葉法研氏 総本山金剛峯寺

ニュース3月1日
災害やコロナでの知見を教訓として生かすことを強調した鬼生田宗務総長

コロナ支援5億円超、予算など可決 曹洞宗宗議会

ニュース2月26日

蓮沼総長が退任表明 南禅寺派定期宗議会

ニュース2月26日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加