PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

無責任の時代 権力へのチェックの重要性

2021年2月15日 10時56分

政治家がその地位にふさわしくない行動・発言をする例が多い。東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗会長は日本の元総理大臣である。その森会長が日本オリンピック委員会の会合で、「女性がたくさん入っている会議は時間がかかる」と発言して、女性への偏見を世界中にさらした。

オリンピック憲章には「男女平等の原則を実践するため、あらゆるレベルと組織において、スポーツにおける女性の地位向上を促進し支援する」とある。東京五輪・パラリンピック大会開催の最高責任者の発言として、とても許容できるものではない。「お詫び」の会見を見ても、そのことがどうも分かっていないように見える。

その前には、コロナ感染症で病床が逼迫し、国民には夜の外出を慎むように要請し、多くの飲食店が閉業を余儀なくされ、法的な処罰規定を設けようとしている状況で、与党である自民党や公明党の衆議院議員4人が銀座の高級クラブを訪れたことが発覚した。役職辞任は言わずもがなだが、公明党の議員は議員辞職に至った。

自民党の議員は党籍離脱をしたが、党には責任が及ばないようにするということなのだろうか。自民党に都合が良いことであるのは分かるが、国民に対しての責任を意識しているのか疑われる。その地位にふさわしくない行動・発言ということを、高位にあるつまり責任ある政治家本人が理解できていない。それでも許容されてしまう。そのためにこのようなことが相次いで起こるのだ。

他方、責任ある行為をすべく日々自覚を新たにしている市民がいる。それぞれの立場で、組織や顧客や友人や家族に責任を負い、自らの地位にふさわしい行動・発言をしようと努めている。個々人が他者に責任を負うことへの自覚がますます求められる社会になっている。ところが、政治家やそれぞれの領域で高い地位にある者がそれを自覚できないで批判を受ける、ということが目立つ社会だ。日本に限ったことではない。権力を持つ者が、権力を行使することへのチェックが働きにくい社会になっているのではないか。

東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森会長の見識不足は前世代の遺物のように捉えられており、確かにその一面がある。だが、同時に大国の政治指導者の恣意や不見識が露呈しながら、なお権力が維持される現代世界の新たな問題としても捉えなくてはならないだろう。政府にも小さな組織にも見られる、新たな権力集中による無責任の時代という一面もある。脚下照顧すべき時だ。

かつて日本が辿った道 香港民主派の大量辞職に憂慮7月30日

香港立法会(議会)では、昨年ほぼ全員の民主派議員が辞職した。今起こりつつあるのは、区議会での民主派議員の大量辞職である。すでに200人以上の民主派議員が辞職ないし辞意を表…

いのちの重み伝える やまゆり園事件から5年7月28日

相模原市の知的障がい者福祉施設「津久井やまゆり園」で「障害者は不幸を作る」と主張する男によって入所者19人が殺害され、26人が重軽傷を負わされた事件から5年になるのを前に…

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要7月21日

新型コロナウイルス感染症による日本国内の死者が1万5千人を超えた。東日本大震災で死亡した方々に匹敵する数である。世界ではすでに400万人を超えている。感染症に罹患して亡く…

除幕された賽銭箱に硬貨を入れて柏手を打つ観月氏と髙田宮司(左端)

京都嵯峨の芸能神社 観月ありさ氏が奉納 賽銭箱、協力申し出実現

ニュース8月3日
「もっともっと日本の研究者の研究成果を発信していきたい」と話す編集長のローズ大谷大名誉教授

東方仏教徒協会設立100年 英文学術雑誌をリニューアル 日本の研究者の発信期待

ニュース8月3日
夜の三井寺で妖怪登場

夜の三井寺で妖怪登場

ニュース8月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加