PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021 墨跡つき仏像カレンダー2021

東日本大震災10年 宗教者の支援の立場性とは

2021年2月19日 10時02分

東日本大震災と原発事故発生から来月で10年になる。被災地では今なお苦難と悲嘆に苛まれる人々が多い。日本を揺るがせた空前の災厄に今後も向き合い続けるには、宗教者にいかなる立場性が求められるのだろうか。

被災地では様々な支援を続ける宗教者が数多い。例えば、被災によって貧困が拡大したのを受けて「子ども食堂」を運営する岩手県の浄土宗寺院住職は「凡夫だから弱い者同士で助け合う。そこにいるから住職です」と言い、地域復興の事業や悩み事相談などに奔走する同県の日蓮宗住職は「寺は檀家だけでなく地域に認められてこそ存在意義がある」と、同宗で言う「給仕第一」を指針に挙げる。

また宮城県でボランティアセンターを開設して多彩な取り組みをする曹洞宗の住職は「体でぶつかって人の痛みを知ることしか分からない。これが仏様の仰ることなのだと。そのことで皆が幸せになれば結果的にそれが仏教につながる」と述懐。いろんな催しなどを通じて復興途上の住民の心を支える同県の別の曹洞宗住職は「あえて言えば四摂法、菩薩行です」と話し、「自未得度先度他」の姿勢を重視する。

いずれもその支援の行いが自らの修行であると意識されており、福島県で避難生活者のケアに通う真宗僧侶の場合は「阿弥陀様に背中を押されている」と表現する。これらに共通するのは、「共苦」に基づく行いがまずあり、それを結果として表現すれば教えに関連する言葉になるという点に、「おしゃべり」ではなく真に身に付いた信仰に基づく宗教性が見られるということだろう。

現地に根を張る宗教者とは違って他所から被災地に赴く、あるいは離れた場所から支え続ける場合でも根本姿勢は同じであろう。例えばボランティアが「自分のような者が役に立つのか」と逡巡するのは「周囲からの目を気にする自己愛」だとの専門家の指摘もあるが、10年を経ても被災地では助けの手がいくらでも必要だ。

スピリチュアルケアの専門家である関西の浄土宗僧侶は、大事故で娘を亡くして悲嘆の底にある男性から「暗い海で救命胴衣もなく溺れているんだ。一緒に溺れてくれるのか」と言われたことがある。「一緒に溺れていると思い込まず、できないのを自覚しつつ、そこから痛みと共に居続けることが大事」と話す。水俣病患者に地元で関わり続けた作家・石牟礼道子さんは、何をしていいのか悩みながらも支援に加わる、あるいはただ一緒に苦しむ共苦を「もだえ加勢する」と表現した。

食品ロスを減らす 資源を大切にする生き方2月26日

世界の食料廃棄量は年間13億㌧と推計され、また人の消費のために生産された食料のおよそ3分の1が廃棄されているという。農林水産省によると、日本国内の食品ロス量は年間643万…

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を2月24日

アメリカのバイデン政権が就任後初の仕事の一つとして気候変動に関するパリ協定への復帰を発表した。2015年に採択された同協定は地球温暖化の進行を抑制するため、温室効果ガスの…

文化庁見解の波紋 宗教法人の活動と社会貢献2月17日

災害時の支援や福祉活動など宗教法人による「社会貢献活動」を宗教活動として解釈することが可能、とする文化庁宗務課の「事務連絡」見解が波紋を広げている。これまで社会の様々な分…

新法印に稲葉法研氏 総本山金剛峯寺

ニュース3月1日
災害やコロナでの知見を教訓として生かすことを強調した鬼生田宗務総長

コロナ支援5億円超、予算など可決 曹洞宗宗議会

ニュース2月26日

蓮沼総長が退任表明 南禅寺派定期宗議会

ニュース2月26日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加