PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

脱炭素社会 人間の驕りへの警鐘を

2021年2月24日 16時04分

アメリカのバイデン政権が就任後初の仕事の一つとして気候変動に関するパリ協定への復帰を発表した。2015年に採択された同協定は地球温暖化の進行を抑制するため、温室効果ガスの排出削減目標策定を義務付けるもので、190近くの国、組織が批准しているが、アメリカはトランプ前大統領が一昨年11月に離脱を通告、1年後に正式離脱していた。

日本は「実現可能な削減目標」として、国内のCO₂など温室効果ガス排出量を30年度に13年度比マイナス26・0%の水準とする目標を立てている。一方、菅義偉総理は昨年10月の国会所信表明演説で、50年をめどに「カーボンニュートラルを目指す」と宣言した。温室効果ガス排出量から、森林などによる吸収量を差し引いてCO₂等の増加ゼロを達成するというわけだ。

一見何かが大きく進むようにも聞こえるが、総理の主張は「安全最優先で原子力政策を進める」ことが大前提になっている。福島原発事故後の現状では、老朽化していく原発の建て替えや新設はハードルが高い。しかし、あと30年で脱炭素社会を実現するとなれば、日本が技術実績を持ち、ゼロカーボンの原子力を頼るのは現実的な選択だ。むろん、その場合、放射性廃棄物処理をはじめ安全性の問題が立ちはだかる。そもそも福島の廃炉作業も進まないままで、ばら色の未来図を描けるのか。

SDGsは「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」を目標の一つに掲げているが、原発による安定したエネルギー供給で当面の持続可能な社会を築くのはあり得ることかもしれない。しかし、根本的問題を解決しないまま、原発復権を既成事実化してしまうことになる。「カーボンニュートラル」は政治スローガンとすれば響きはいいが、中身をよく調べておかねばならない。

そもそも、自然を征服して人間だけが恒久的に繁栄を享受するのは可能なのだろうか――というところまで戻って考えてみたい。人類文明自体が、今、地球の歴史上6回目の「種の大絶滅」を引き起こしつつあるとの説もある。グローバル化のただ中で起きた新型コロナウイルスの災禍は、自然に対し圧力を高める人類文明の弱い部分に自然が反攻を加えたという見方もできるだろう。

自然の中における自らの位置を見失うと危険である。SDGsについて、とりわけ宗教者が貢献を考えるなら、自らの位置を見失った人間の驕りそのものに反省の目を向け、警鐘を鳴らすことも必要ではないか。

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要7月21日

新型コロナウイルス感染症による日本国内の死者が1万5千人を超えた。東日本大震災で死亡した方々に匹敵する数である。世界ではすでに400万人を超えている。感染症に罹患して亡く…

多様化する葬祭 問うべきは宗学上の意味7月16日

ノンフィクション作家・立花隆氏の死は2カ月近くたってメディアに報じられ、「樹木葬で埋葬された」と伝えられた。立花氏は生前、死後の葬式や墓には全く関心がなく、生ごみなどの有…

道心堅固の教え 現代の修行の亀鑑7月14日

臨済宗の専門道場で大接心が始まるに当たって、師家が「亀鑑」を読み上げ、修行の心構えを説く。各道場の亀鑑を比較研究したという話はあまり聞かないが、同じ禅の修行である以上、諭…

展示された膝丸を見る尾池泰道門跡㊧

伝説の名刀「膝丸」公開 北野天満宮と同時開催 大覚寺霊宝館

ニュース7月21日
㊤開講式で「開講の辞」を述べる延塚講師<br>㊦配信用カメラの前で『往生要集』について講義する武田勧学

東西本願寺が2年ぶり安居 聖教の学び、止めない 初のオンライン講義

ニュース7月21日
「綸旨のための宿紙という紙でも時代によって紙質がかなり違うことが実物だと分かる」と話す下坂氏

歴代「上人」への綸旨発見 室町~江戸期の清水寺成就院

ニュース7月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加