PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

コロナ後の宗門 包括・被包括の信頼関係

2021年3月26日 11時45分

各宗派で2月から3月にかけて、新年度予算などを審議する定期宗会・宗議会が開かれた。

昨年春は新型コロナ特措法が3月13日に成立し、4月7日には東京、大阪など7都府県に緊急事態宣言が発令。宗議会も日程短縮など、影響がすでに出ていた。

今年は感染拡大の第3波で、1月8日、関東1都3県に2度目の緊急事態宣言が発令され、14日には対象が11都府県に拡大されるというタイミング。さらに延長された1都3県を除き宣言は予定前倒しで解除となったものの、各宗派は長期化するコロナ禍の影響を強く意識して新たな年度の計画を立てることになった。

長時間に及ぶ会議でもあり、アルコール消毒はもとより、出席者のPCR検査等を実施し、傍聴席を別室に設けるなど、各宗派は感染防止に万全を期した。規程改正で議員のリモート出席を可能にしたところや文書審議形式を取った宗派もあった。宗議会日程を短縮し、通告質問も制限するなどしてコロナ下の異常事態への対応を図った。

開会式では管長宣示や総長の施政方針演説で宗門にとってのコロナ禍の意味が言及された。日蓮宗の菅野日彰管長は宗祖降誕800年に当たり「まさに現代における宗祖降誕の意義が問われている」と教旨。浄土真宗本願寺派の石上智康総長は文明史的視点で中世ヨーロッパのペスト禍とカトリック教会の衰退を引例し、仏教がその二の舞とならぬよう、教えの本質を伝える重要性を強調した。

上程された予算案件はそれぞれの宗門の特殊な事情を反映しつつ、程度の差はあれ厳しい緊縮型となった。引き続き行事の規模縮小や中止を決める一方で、新しい教化、人材育成のシステムを構築するためIT化への投資も行われている。一般寺院の護持環境悪化を考慮した宗費減免などの支援策を盛り込んだところは多い。

各宗派は信仰を同じくする自治の組織。異常な事態が続く中、可能な範囲の対策を打ち出していると考えられる。他方、被包括の法人側は宗派・教団の役割、存在意義を改めて現実的な問題として考えることがあったのではないか。

信仰の共同体としての宗派の価値は言うまでもないが、近代以降、特に戦後、歴史的な本末関係と共に、共助の組織としての実質が教団に対しより強く求められるようになってきた。コロナ禍で宗門の行政機関の働きは十全ではないとはいえ、このような時期に本末関係がどのように機能するかは重要な問題だ。包括・被包括の信頼を一層固くするべき時である。

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ10月15日

新型コロナウイルスの著効ある治療薬の普及はまだこれから。決め手はワクチンで、ファイザー社やモデルナ社などのワクチンが開発され接種が進んだ。最近、感染者数は激減したが、感染…

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと10月13日

トリアージという言葉は、災害や事故、戦争などで多くの負傷者が出た際、救命の観点から、医療関係者が治療の優先順位を付けて負傷者を分類することを意味する。「いのち」に優先順位…

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか10月8日

ワクチン接種が広まり、人の流れがいったん減少してきたこともあって、コロナ感染者はひと頃より減ってきた。国民の多くは1年半以上も続いた自粛生活に倦んでいる。何度も出される緊…

「6月に伝教大師1200年大遠忌御祥当法要を厳かに営んだ」と報告する阿部宗務総長

寺院教会納金12%減額 天台宗通常宗議会 2年延期の収入額申告 新基準で24年度実施 阿部総長強調

ニュース10月15日
入山の心境を語る石附貫首

石附周行貫首が入山 「瑩山禅師700回忌の円成を」 大本山總持寺

ニュース10月15日
テープカットする千秋宮司(中央)と小串和夫名誉宮司㊨ら。左上のオブジェは大太刀を振るう真柄十郎左衛門

熱田神宮に刀剣展示館開館 草薙神剣の心伝える 国宝・重文含む450点所蔵

ニュース10月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加