PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

延期が適切 コロナ下のオリンピック

2021年4月2日 13時21分

東京オリンピックの今夏開催に疑問を抱く人は多い。新型コロナウイルス感染症の拡大を抑えるには人々の移動を制限し、人が集まるのを避けることが重要で、国民はそのために多大な困難に耐え、多くの犠牲を払っている。オリンピック開催に合わせ、選手のみならず多くの関係者が入国し、競技施設や周辺に人が集まるのは目に見えている。新型コロナウイルス感染症の被害が大きくなり、長期化するのは避けられないだろう。

2021年夏の段階で、新型コロナウイルス感染症が終息するか、それに近いところまで減っていく見通しが立たないことが明白になったのは、3月に入ってからである。日本の第3波が緊急事態宣言によってどこまで収束に向かうか、世界も見守っていたはずだ。しかし、3月中旬になって下げ止まり傾向が顕著になり、政府は緊急事態宣言を解除したが、第4波が来ることをかなりの確度で予想してのことだった。4月初めから2、3カ月の見通しは明るくない。オリンピックが始まる頃を楽観できる人は少ないだろう。

オリンピックを22年の夏に行うのであれば、かなり事情は異なる。その頃には、新型コロナウイルス感染症がだいぶ収まっている可能性が高いからだ。ワクチンの有効性が確認されてきており、幾つかの国で効果が見えてきている。もちろん、変異株が広がることでワクチンの有効性が落ちるかもしれない。ワクチンによる副反応が軽視できないことが見えてくるかもしれない。とはいえ、今年よりもかなり収まっている可能性が高いことは確かである。

では、なぜ延期できないのか。通常、スポーツや文化的イベントで延期した方が多大な被害を起こすリスクが少ない時にはそうするものだ。東京オリンピックはどこが異なるのか。延期を提案することでどの程度の損害が出るのか。その損害は多くの人命の犠牲よりも重いのか。東京オリンピック組織委員会も、東京都も日本政府も延期できない訳について説明したことがない。国際オリンピック委員会(IOC)もどういうわけか、その可能性を表明したことがない。理解しにくいことである。そもそも20年春の段階で、なぜ延期を1年としたのか。収束を楽観したのか、それ以外の理由があったのか。明らかにすべきである。

多くの人の生命を脅かす可能性がある一大国際イベントを、感染拡大を抑えることができないでいるこの困難のさなかに行うことは道理に合わない。いのちを守るという原点に立って、延期の判断をすべきだろう。

欲望と宗教心 仏性は自覚されて働く9月22日

欲と願いとはほとんど同義に用いられることもあるが、欲は物欲、名誉欲、愛欲のように用いられ、願いは平和への願い、真実が明らかとなる願い、無病息災への願いのように用いられ、区…

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義9月17日

アメリカ同時テロから20年経った。米軍がアフガニスタンから撤退し、米軍が駆逐したはずのタリバンによる政権が復帰した。米国は「テロとの戦い」を掲げてアフガニスタンを攻撃し、…

東京五輪の光と闇 開催理念の再確認を9月15日

東京オリンピック・パラリンピックが終わった。オリンピックへ向けて精進するアスリート、それを支えた周囲の関係者の姿は、勝敗に関わりなく、輝きを帯び、多くの人々を感動させた。…

追悼法要で「平和宣言」を述べる石上総長

築地本願寺で初開催 台風影響の全戦没者追悼法要 本願寺派

ニュース9月27日
神社用の御朱印の浄彫を行う千恵子さん

【匠に技あり】印章彫刻―月野允裕・千恵子さん(鎌倉はんこ)

ニュース9月27日

神社本庁役員会 上告を決議

ニュース9月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加