PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

汚染水の海洋放出 安全性と風評被害に懸念

2021年4月21日 10時58分

「本当に安全というならまず東京の海に流しては」。東京電力福島第1原発のトリチウムなど放射性物質を含んだ汚染水を海洋に放出するという政府の決定にこんな批判発言が地元で出た。漁師である檀家の心配の声を以前から聞いていた福島県の住職は「その気持ちも分かる」と話す。

発言はもちろん皮肉ではあるが、背景に深い憤りがある。原発事故で故郷を追われ、ようやく帰還して風評に怯えながら試験操業を長年続けた漁民が、やっと漁業を再開しようという矢先の決定。福島県や全国の漁連会長は国が「関係者の理解なしにはいかなる処分も行わない」とした立場を覆したとして「漁業者の思いを踏みにじる行為」と抗議した。批判は全国の市民や近隣諸国からも相次ぐ。

政府は、放出は他国の原発でも実施しているし、世界的基準よりもずっと希釈すると説明する。だが「よそでやっているから」が安全証明にならないのは自明だし、もともと太平洋に流せば薄められるのが当然で、問題は濃度ではなく元の汚染物質の総量であることは誰でも分かる。

他国原発で「ほとんど問題のない量」と関係者自らがPRしてきたはずの通常運転での放射性物質の量と、3機もがメルトダウンし溶け出した膨大な核燃料が地下水と接触し続けている恐れが指摘される第1原発とを同列に語ることが正しいのか。「トリチウムは自然界にも存在する」との言に至っては、50年も前に「南米では自然放射能が高い所もある」と原発推進の“安全神話”で繰り返された牧歌的売り文句を彷彿させる。

なぜこの時期にコロナ禍大騒ぎの陰で決定を、との疑問には、8年前に「事故はアンダーコントロール」と弁明して誘致した東京五輪が間近に迫り、その後の対応進展が国際的に注目されるからとの見方もある。仮に放出水が本当に安全として風評だけが問題なら、冒頭の発言は暴論でもない。例えば大阪府知事は政府発表を受け、大阪湾での放出について「正式要請があれば真摯に検討していきたい」と表明した。「風評被害を抑えることが重要。福島だけに押し付けるのはあってはならない。日本全国で考えるべき問題だ」と。

風評被害への賠償を義務付けられた東電は、事故後の対応の実態を見てもその能力と姿勢に大きな疑問符が付く。安全を前提に、福島産の魚を政府や東電関係者が積極的に食するのは空想的だろうか。多くの国民にも、そして宗教界にもすることがあるだろう。それが真に「原発事故に苦しむ福島県民に寄り添う」ということだ。

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律5月7日

我が国に新型コロナウイルス感染症が侵入してからもう1年3カ月以上になる。これまで日本の感染状況は他国と比べ比較的低かったが、楽観できる状況ではない。 気になるのは感染者数…

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代4月28日

日本が太平洋戦争に突入したのは1941年12月、今から80年前である。その少し前の37年3月に文部省によって『国体の本義』が発行された。緒言には「肇国の由来を詳らかにし、…

多様性の尊重 標準を押し付けない社会4月23日

日用品・食品など消費財の世界的メーカーであるユニリーバ(本拠はイギリス)が先頃、美容クリーム等のパッケージや広告から「ノーマル」という表示をなくす方針を発表した。 「ノー…

模写した1幅目の下絵について説明する菱田氏(右端)と岡村住職

旧蔵の聖徳太子絵伝復元へ 下絵公開、5幅目新作も予定 観音正寺

ニュース5月7日
「誰もが自分の問題として考えるべきだ」と話す岩田センター長

ジェンダー平等を目指して 男性中心の仏教界、変革の視点不可欠 龍谷大研究センター発足1年

ニュース5月7日
晋山祝う日暈に興奮 天台宗

晋山祝う日暈に興奮 天台宗

ニュース5月6日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加