PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

2021年4月28日 15時59分

日本が太平洋戦争に突入したのは1941年12月、今から80年前である。その少し前の37年3月に文部省によって『国体の本義』が発行された。緒言には「肇国の由来を詳らかにし、国体が国史のなかに顕現した姿を明示し、国民の自覚と努力を促す」とある。

同年7月には日本文化協会から『日本文化』が創刊された。同協会は日本文化の称揚を一つの目的とし、戦時色が強まるとともに、国体思想を国民に広めることに重要な役割を果たした。いわゆる「赤化教員」の「思想善導」を行った。国体思想を広めつつ、その脅威になる社会主義的思想などを排していこうとした。

敗戦でこうした流れは一掃されたかに見える。戦争は絶対避けたいという思いを多くの人が抱いた時期がある。去る4月4日に亡くなった橋田壽賀子氏が、軍国少女として青春を捧げた自身の体験を踏まえ「戦争がもたらすのは悲しみだけ。人は人を殺してはいけない」という信念を抱いていたのはよく知られている。だが、そうした記憶を持つ人は少なくなった。一時期は社会的に忌避感の強かった「国体」という言葉が、あまり抵抗なく用いられるようになったのは、それを反映している。

2000年5月に、当時の森喜朗首相が神道政治連盟国会議員懇談会の結成30周年祝賀会で「神の国」発言をし、国会で問題にされた。にもかかわらず翌6月には奈良市で行われた自民党奈良県連・緊急総会での挨拶で、共産党が政権入りした場合について「日本の国体をどう守るのか」と発言した。世紀の変わり目にこのような首相発言があったのは、戦前に対する反省がかなり薄れてきたためでは、と感じさせる。

2010年代に日本会議という組織の政治への影響がにわかに注目された。日本会議の主張には戦前を美化するような傾向も垣間見られる。一部の宗教関係者もメンバーに名を連ねている。宗教者が保守政治を支えるという構図は、戦前の状況を連想させる。最近では組織幹部に対する内部批判に対し、「日本の国体崩壊」という表現を持ち出す例があった。唐突にも思われるが、「国体」がためらいなく使われる時代になったのを、軽く見ていいとは思えない。

グローバル化への反動もあって、自国第一主義と排外主義が世界各地に広がっている。日本では世界平和を理念とし、平和運動を推進している宗教団体が数多くある。多くは戦前の反省の上に立っている。平和運動を広げるには、日本社会で生じている危うい兆候に対しても注意が必要である。

かつて日本が辿った道 香港民主派の大量辞職に憂慮7月30日

香港立法会(議会)では、昨年ほぼ全員の民主派議員が辞職した。今起こりつつあるのは、区議会での民主派議員の大量辞職である。すでに200人以上の民主派議員が辞職ないし辞意を表…

いのちの重み伝える やまゆり園事件から5年7月28日

相模原市の知的障がい者福祉施設「津久井やまゆり園」で「障害者は不幸を作る」と主張する男によって入所者19人が殺害され、26人が重軽傷を負わされた事件から5年になるのを前に…

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要7月21日

新型コロナウイルス感染症による日本国内の死者が1万5千人を超えた。東日本大震災で死亡した方々に匹敵する数である。世界ではすでに400万人を超えている。感染症に罹患して亡く…

除幕された賽銭箱に硬貨を入れて柏手を打つ観月氏と髙田宮司(左端)

京都嵯峨の芸能神社 観月ありさ氏が奉納 賽銭箱、協力申し出実現

ニュース8月3日
「もっともっと日本の研究者の研究成果を発信していきたい」と話す編集長のローズ大谷大名誉教授

東方仏教徒協会設立100年 英文学術雑誌をリニューアル 日本の研究者の発信期待

ニュース8月3日
夜の三井寺で妖怪登場

夜の三井寺で妖怪登場

ニュース8月2日
このエントリーをはてなブックマークに追加