PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

薄れる戦前への反省 「国体」を躊躇なく語る時代

2021年4月28日 15時59分

日本が太平洋戦争に突入したのは1941年12月、今から80年前である。その少し前の37年3月に文部省によって『国体の本義』が発行された。緒言には「肇国の由来を詳らかにし、国体が国史のなかに顕現した姿を明示し、国民の自覚と努力を促す」とある。

同年7月には日本文化協会から『日本文化』が創刊された。同協会は日本文化の称揚を一つの目的とし、戦時色が強まるとともに、国体思想を国民に広めることに重要な役割を果たした。いわゆる「赤化教員」の「思想善導」を行った。国体思想を広めつつ、その脅威になる社会主義的思想などを排していこうとした。

敗戦でこうした流れは一掃されたかに見える。戦争は絶対避けたいという思いを多くの人が抱いた時期がある。去る4月4日に亡くなった橋田壽賀子氏が、軍国少女として青春を捧げた自身の体験を踏まえ「戦争がもたらすのは悲しみだけ。人は人を殺してはいけない」という信念を抱いていたのはよく知られている。だが、そうした記憶を持つ人は少なくなった。一時期は社会的に忌避感の強かった「国体」という言葉が、あまり抵抗なく用いられるようになったのは、それを反映している。

2000年5月に、当時の森喜朗首相が神道政治連盟国会議員懇談会の結成30周年祝賀会で「神の国」発言をし、国会で問題にされた。にもかかわらず翌6月には奈良市で行われた自民党奈良県連・緊急総会での挨拶で、共産党が政権入りした場合について「日本の国体をどう守るのか」と発言した。世紀の変わり目にこのような首相発言があったのは、戦前に対する反省がかなり薄れてきたためでは、と感じさせる。

2010年代に日本会議という組織の政治への影響がにわかに注目された。日本会議の主張には戦前を美化するような傾向も垣間見られる。一部の宗教関係者もメンバーに名を連ねている。宗教者が保守政治を支えるという構図は、戦前の状況を連想させる。最近では組織幹部に対する内部批判に対し、「日本の国体崩壊」という表現を持ち出す例があった。唐突にも思われるが、「国体」がためらいなく使われる時代になったのを、軽く見ていいとは思えない。

グローバル化への反動もあって、自国第一主義と排外主義が世界各地に広がっている。日本では世界平和を理念とし、平和運動を推進している宗教団体が数多くある。多くは戦前の反省の上に立っている。平和運動を広げるには、日本社会で生じている危うい兆候に対しても注意が必要である。

コロナ下の行動 問われる良識に基づく自律5月7日

我が国に新型コロナウイルス感染症が侵入してからもう1年3カ月以上になる。これまで日本の感染状況は他国と比べ比較的低かったが、楽観できる状況ではない。 気になるのは感染者数…

多様性の尊重 標準を押し付けない社会4月23日

日用品・食品など消費財の世界的メーカーであるユニリーバ(本拠はイギリス)が先頃、美容クリーム等のパッケージや広告から「ノーマル」という表示をなくす方針を発表した。 「ノー…

汚染水の海洋放出 安全性と風評被害に懸念4月21日

「本当に安全というならまず東京の海に流しては」。東京電力福島第1原発のトリチウムなど放射性物質を含んだ汚染水を海洋に放出するという政府の決定にこんな批判発言が地元で出た。…

模写した1幅目の下絵について説明する菱田氏(右端)と岡村住職

旧蔵の聖徳太子絵伝復元へ 下絵公開、5幅目新作も予定 観音正寺

ニュース5月7日
「誰もが自分の問題として考えるべきだ」と話す岩田センター長

ジェンダー平等を目指して 男性中心の仏教界、変革の視点不可欠 龍谷大研究センター発足1年

ニュース5月7日
晋山祝う日暈に興奮 天台宗

晋山祝う日暈に興奮 天台宗

ニュース5月6日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加