PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
中外日報宗教文化講座2021
PR
中外日報宗教文化講座2021

被災地支援の今後 まず相手の気持ちを

2021年5月26日 13時29分

「やはり風化は避けられないのか」「被災地は忘れ去られていくのですね」。東日本大震災10年の日から月日が経ち、現地の宗教者からこんな便りが来た。

この3月11日前後には各地の慰霊の催しなどに外部からも多くの人々が訪れ、マスメディアの報道も相当な量だった。だが、「その日」を過ぎると目に見えて少なくなり、例えば宮城県でも追悼と見学のポイントとして定着した南三陸町の旧防災対策庁舎、石巻市の大川小の廃虚などは閑散としているという。

ある意味では同じ“災害”であるコロナ禍に隠れて、地元メディアや一部の報道以外のテレビや新聞では、ニュースとして扱われることもかなり減っているのは明らかだ。

原発事故で住民が戻れない福島県の寺院住職は「毎年3月にはマスコミが津波のように押し寄せ、終わると津波のように去っていく。でもこれからはどうなるのでしょうか」とやりきれない表情を見せる。

世間が震災のことを口に出さなくなっていくこれからこそが、なお悲嘆を抱え、また生活再建がままならず「置き去り感」に苦しむ被災者たちへの息長くきめの細かい継続的支援が求められる時期だ。だが、具体的にどんな寄り添いが必要なのか、どのような姿勢で接したらいいのか、支援の在り方は簡単でないことも事実だ。

被災各地では、以前から地域の住民に接して世話をしていた地元の宗教者らが、震災後もずっと人々の困り事の相談に乗ったり日常的に集まって楽しむ場を設けたりと、地道な活動を続けている。外部から訪れて傾聴活動や折々のイベントを催すのも結構だが、そこでこれら地域密着の働きに学ぶのも大事なことだろう。

岩手県の寺院住職は、遠方からイベントで支援に来てくれた人が、「被災者はこうに違いない」という先入観を持ち、「こうすれば喜ばれるに違いない」という自分勝手なステレオタイプの思い込みで接してくる例を何度か見ているという。

「それでも被災者は『ありがとう』と言うしかないのです」。そう指摘する住職は「あなたは何に困っているのですか、何が必要ですか、と尋ねることをなぜしないのでしょうね?」と話す。

支援とは、苦しみ困っている人への「共苦」である。ならば、まず相手の気持ちを聞くことから始めるのが自然なことだろう。「あなたのことを気に掛けている」ということが、「忘れない」の内実でもあるはずだ。

コロナで相談急増 自死念慮者支える現場6月11日

和歌山県で自死念慮者の相談を受け、保護する取り組み「いのちの電話」を長年続ける白浜バプテスト基督教会の藤藪庸一牧師から、コロナ禍の影響で相談が倍増しているとの知らせが来た…

時の記念日 時間を尊び、守り、活かせ6月9日

6月10日は「時の記念日」である。国民の祝日ではないが、日本の記念日として大正9(1920)年に制定されてから今年で101年になる。天智天皇10(671)年の4月25日に…

宗教施設の存続問題 法人解散も念頭に6月4日

日本では、伝統仏教の寺院の大半は世襲制である。新宗教の教会や布教所にも世襲化された所が多い。そこでは、宗教施設を支えるのは寺院家族、教会家族である。家族が弱体化しているの…

可睡斎斎主に采川氏 24日に退董式と入寺式

ニュース6月11日
北野天満宮の楼門に滑車を使って茅の輪を取り付ける神職ら

例年より早く茅の輪を設置 北野天満宮

ニュース6月11日

次期執行長に今川氏当選 初の公選高投票率、安藤氏・岡部氏破る 高野山真言宗

ニュース6月11日
お知らせ
このエントリーをはてなブックマークに追加