PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

電子媒体と紙媒体 教えは自ら体現してこそ

2021年7月2日 15時21分

書籍の電子媒体についての議論は、これまで様々になされてきた。しかし今や、電車内で多くの乗客が見ているのは、スマートフォンやタブレットという時代だ。情報処理を効率よく行うのには、電子媒体が確実に向いている。この流れの中、デジタル教科書が2024年に本格導入される見通しである。

教科書がデジタルだと、拡大や縮小も自在、また画面に書き込んだり、時には自分から発信をすることも可能である。でも、繰り返し読んで、本の内容を自分の知識として定着させるためには、紙媒体の教科書の方がずっと良い。

「韋編三絶」という言葉がある。綴じた革紐が3度も切れるくらい、繰り返し本を読むという意味だ。書かれた内容が自らの血となり肉となるためには、本来そのくらいの努力が必要なのである。しかし昨今のように、絶えず更新され蓄積される情報を追い掛けるばかりでは、そのような根気の要る読書はなかなか困難であろう。

電子媒体の耐久性という問題もある。保管状態などにもよるが、データ保存が安全にできるのはUSBメモリが5~10年、CDやDVDで30年程度といわれる。紙はそれとは違い、100年以上は持つ。中でも寿命が長いのが和紙であり、正倉院文書などは1200年の歳月を超えて今日まで伝えられてきた。

だが、時間の長短こそあれ“無常”であることは紙媒体も電子媒体も変わらない。時代の有為転変の中、今までにどれほど貴重な書籍が失われただろうか。その変遷の中を、心ある人々が何十世代にもわたって本を読み継いできた。そうした本の代表格が、神仏の言葉を記した経典や聖書であった。宗教者たちはそのようにして、これら聖典類を読み継ぎ、そして書物に書かれた教えを文字通り自らの血肉としてきたのである。これを成し得た宗教者は教えを体現して、信仰にも筋金が入り、これほど勁い存在はない。

聖書や経典も、近年電子媒体化が進んだ。検索機能を使えば、読みたい箇所、講話や説教で使える箇所をすぐに見つけることができる。しかし、これに頼り過ぎると、繰り返し読んで玩味することがおろそかになる恐れがある。

人もまた無常なる世の中に生きている。教えのメモリがその人において持つのは生きている間だけにすぎない。宗教の教えは宗教者において体現されてこそ、人々に伝わっていくものだ。そこに、宗教者が生身の人として教えを自らの血肉とすべく、繰り返し聖典を読み、誦していく意義がある。

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ10月15日

新型コロナウイルスの著効ある治療薬の普及はまだこれから。決め手はワクチンで、ファイザー社やモデルナ社などのワクチンが開発され接種が進んだ。最近、感染者数は激減したが、感染…

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと10月13日

トリアージという言葉は、災害や事故、戦争などで多くの負傷者が出た際、救命の観点から、医療関係者が治療の優先順位を付けて負傷者を分類することを意味する。「いのち」に優先順位…

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか10月8日

ワクチン接種が広まり、人の流れがいったん減少してきたこともあって、コロナ感染者はひと頃より減ってきた。国民の多くは1年半以上も続いた自粛生活に倦んでいる。何度も出される緊…

「6月に伝教大師1200年大遠忌御祥当法要を厳かに営んだ」と報告する阿部宗務総長

寺院教会納金12%減額 天台宗通常宗議会 2年延期の収入額申告 新基準で24年度実施 阿部総長強調

ニュース10月15日
入山の心境を語る石附貫首

石附周行貫首が入山 「瑩山禅師700回忌の円成を」 大本山總持寺

ニュース10月15日
テープカットする千秋宮司(中央)と小串和夫名誉宮司㊨ら。左上のオブジェは大太刀を振るう真柄十郎左衛門

熱田神宮に刀剣展示館開館 草薙神剣の心伝える 国宝・重文含む450点所蔵

ニュース10月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加