PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

行いが報道を変える マスメディアは社会の鏡

2021年7月9日 10時57分

宗教者や宗教団体による「社会貢献活動」に宗教界の関心も深まる中、先般の「宗教と社会」学会学術大会で「マスメディアの宗教的社会貢献活動の報道」という発表が行われた。東京工業大大学院の青木繁氏の研究で、新聞やテレビなどメディアが一般に伝える宗教者の社会貢献活動の内容、宗教者側からの情報発信、そしてメディアの宗教に対する姿勢の違いで起きる情報内容の差異についてそれぞれ分析した。

世論調査などから見ると、「宗教に日頃あまり関わりを持たない人たちはメディアから宗教者の活動を知ることが多い」という。宗教者の活動が社会にどのように受け取られるのかは、メディアの報道によるところが大きいので、宗教界側にとっても気になるところだろう。

発表ではメディアの宗教への対応が問題にされ、特に新宗教が対象の場合は奇異な事象を扱うような姿勢、センセーショナルな報道も見られると指摘。一方で阪神・淡路大震災や東日本大震災では宗教者の活動が目覚ましく、技術的にも組織的にも内実に大きな進歩が見られ、それが報道されることによって社会の人々はより肯定的に受け止めるようになり、その結果として行政や社会福祉協議会と宗教団体との協力関係が進んでいるとする。

だが最近の事例として、氏が2019年10月に多くの犠牲者を出した台風19号について分析した結果は違った。例えば長野市では、仏教、キリスト教、新宗教からイスラームまで28の宗教系団体が支援活動に入ったにもかかわらず、報道されたのは地方紙での1件だけだったという。

これは、災害の規模や期間とメディアの報道の量が比例しており、その中で宗教への取材は同じように少ない割合であるということの結果だ。つまり、善しあしとは関係なく、総体としての一般のマスメディアは、こと宗教に関しては世間一般の関心をそのまま反映する、いや世間のレベルそのものということ。それはマスコミ人全体の資質にも起因するが、要はメディアは宗教を映す社会の姿見の鏡であり、それ以上でも以下でもないと見るべきだろう。

だから、都合の悪い記事も掲載することのあるメディアを「興味本位。無理解だ」とステレオタイプになじるだけでは、メディアリテラシーの欠如と言える。口先の批判ではなく、東日本大震災の諸報道で見られたように、宗教者の行いこそがメディアを動かし、そこにいる報道人を教育し、そして世間の見方を変える重要な道だ。

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ10月15日

新型コロナウイルスの著効ある治療薬の普及はまだこれから。決め手はワクチンで、ファイザー社やモデルナ社などのワクチンが開発され接種が進んだ。最近、感染者数は激減したが、感染…

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと10月13日

トリアージという言葉は、災害や事故、戦争などで多くの負傷者が出た際、救命の観点から、医療関係者が治療の優先順位を付けて負傷者を分類することを意味する。「いのち」に優先順位…

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか10月8日

ワクチン接種が広まり、人の流れがいったん減少してきたこともあって、コロナ感染者はひと頃より減ってきた。国民の多くは1年半以上も続いた自粛生活に倦んでいる。何度も出される緊…

「6月に伝教大師1200年大遠忌御祥当法要を厳かに営んだ」と報告する阿部宗務総長

寺院教会納金12%減額 天台宗通常宗議会 2年延期の収入額申告 新基準で24年度実施 阿部総長強調

ニュース10月15日
入山の心境を語る石附貫首

石附周行貫首が入山 「瑩山禅師700回忌の円成を」 大本山總持寺

ニュース10月15日
テープカットする千秋宮司(中央)と小串和夫名誉宮司㊨ら。左上のオブジェは大太刀を振るう真柄十郎左衛門

熱田神宮に刀剣展示館開館 草薙神剣の心伝える 国宝・重文含む450点所蔵

ニュース10月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加