PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

行いが報道を変える マスメディアは社会の鏡

2021年7月9日 10時57分

宗教者や宗教団体による「社会貢献活動」に宗教界の関心も深まる中、先般の「宗教と社会」学会学術大会で「マスメディアの宗教的社会貢献活動の報道」という発表が行われた。東京工業大大学院の青木繁氏の研究で、新聞やテレビなどメディアが一般に伝える宗教者の社会貢献活動の内容、宗教者側からの情報発信、そしてメディアの宗教に対する姿勢の違いで起きる情報内容の差異についてそれぞれ分析した。

世論調査などから見ると、「宗教に日頃あまり関わりを持たない人たちはメディアから宗教者の活動を知ることが多い」という。宗教者の活動が社会にどのように受け取られるのかは、メディアの報道によるところが大きいので、宗教界側にとっても気になるところだろう。

発表ではメディアの宗教への対応が問題にされ、特に新宗教が対象の場合は奇異な事象を扱うような姿勢、センセーショナルな報道も見られると指摘。一方で阪神・淡路大震災や東日本大震災では宗教者の活動が目覚ましく、技術的にも組織的にも内実に大きな進歩が見られ、それが報道されることによって社会の人々はより肯定的に受け止めるようになり、その結果として行政や社会福祉協議会と宗教団体との協力関係が進んでいるとする。

だが最近の事例として、氏が2019年10月に多くの犠牲者を出した台風19号について分析した結果は違った。例えば長野市では、仏教、キリスト教、新宗教からイスラームまで28の宗教系団体が支援活動に入ったにもかかわらず、報道されたのは地方紙での1件だけだったという。

これは、災害の規模や期間とメディアの報道の量が比例しており、その中で宗教への取材は同じように少ない割合であるということの結果だ。つまり、善しあしとは関係なく、総体としての一般のマスメディアは、こと宗教に関しては世間一般の関心をそのまま反映する、いや世間のレベルそのものということ。それはマスコミ人全体の資質にも起因するが、要はメディアは宗教を映す社会の姿見の鏡であり、それ以上でも以下でもないと見るべきだろう。

だから、都合の悪い記事も掲載することのあるメディアを「興味本位。無理解だ」とステレオタイプになじるだけでは、メディアリテラシーの欠如と言える。口先の批判ではなく、東日本大震災の諸報道で見られたように、宗教者の行いこそがメディアを動かし、そこにいる報道人を教育し、そして世間の見方を変える重要な道だ。

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要7月21日

新型コロナウイルス感染症による日本国内の死者が1万5千人を超えた。東日本大震災で死亡した方々に匹敵する数である。世界ではすでに400万人を超えている。感染症に罹患して亡く…

多様化する葬祭 問うべきは宗学上の意味7月16日

ノンフィクション作家・立花隆氏の死は2カ月近くたってメディアに報じられ、「樹木葬で埋葬された」と伝えられた。立花氏は生前、死後の葬式や墓には全く関心がなく、生ごみなどの有…

道心堅固の教え 現代の修行の亀鑑7月14日

臨済宗の専門道場で大接心が始まるに当たって、師家が「亀鑑」を読み上げ、修行の心構えを説く。各道場の亀鑑を比較研究したという話はあまり聞かないが、同じ禅の修行である以上、諭…

展示された膝丸を見る尾池泰道門跡㊧

伝説の名刀「膝丸」公開 北野天満宮と同時開催 大覚寺霊宝館

ニュース7月21日
㊤開講式で「開講の辞」を述べる延塚講師<br>㊦配信用カメラの前で『往生要集』について講義する武田勧学

東西本願寺が2年ぶり安居 聖教の学び、止めない 初のオンライン講義

ニュース7月21日
「綸旨のための宿紙という紙でも時代によって紙質がかなり違うことが実物だと分かる」と話す下坂氏

歴代「上人」への綸旨発見 室町~江戸期の清水寺成就院

ニュース7月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加