PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

行いが報道を変える マスメディアは社会の鏡

2021年7月9日 10時57分

宗教者や宗教団体による「社会貢献活動」に宗教界の関心も深まる中、先般の「宗教と社会」学会学術大会で「マスメディアの宗教的社会貢献活動の報道」という発表が行われた。東京工業大大学院の青木繁氏の研究で、新聞やテレビなどメディアが一般に伝える宗教者の社会貢献活動の内容、宗教者側からの情報発信、そしてメディアの宗教に対する姿勢の違いで起きる情報内容の差異についてそれぞれ分析した。

世論調査などから見ると、「宗教に日頃あまり関わりを持たない人たちはメディアから宗教者の活動を知ることが多い」という。宗教者の活動が社会にどのように受け取られるのかは、メディアの報道によるところが大きいので、宗教界側にとっても気になるところだろう。

発表ではメディアの宗教への対応が問題にされ、特に新宗教が対象の場合は奇異な事象を扱うような姿勢、センセーショナルな報道も見られると指摘。一方で阪神・淡路大震災や東日本大震災では宗教者の活動が目覚ましく、技術的にも組織的にも内実に大きな進歩が見られ、それが報道されることによって社会の人々はより肯定的に受け止めるようになり、その結果として行政や社会福祉協議会と宗教団体との協力関係が進んでいるとする。

だが最近の事例として、氏が2019年10月に多くの犠牲者を出した台風19号について分析した結果は違った。例えば長野市では、仏教、キリスト教、新宗教からイスラームまで28の宗教系団体が支援活動に入ったにもかかわらず、報道されたのは地方紙での1件だけだったという。

これは、災害の規模や期間とメディアの報道の量が比例しており、その中で宗教への取材は同じように少ない割合であるということの結果だ。つまり、善しあしとは関係なく、総体としての一般のマスメディアは、こと宗教に関しては世間一般の関心をそのまま反映する、いや世間のレベルそのものということ。それはマスコミ人全体の資質にも起因するが、要はメディアは宗教を映す社会の姿見の鏡であり、それ以上でも以下でもないと見るべきだろう。

だから、都合の悪い記事も掲載することのあるメディアを「興味本位。無理解だ」とステレオタイプになじるだけでは、メディアリテラシーの欠如と言える。口先の批判ではなく、東日本大震災の諸報道で見られたように、宗教者の行いこそがメディアを動かし、そこにいる報道人を教育し、そして世間の見方を変える重要な道だ。

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に1月21日

コロナ禍は宗教界にも、教化活動や財政面で深刻な影響を及ぼしている。本紙元日号ではコロナ禍1年目の仏教各宗派2020年度決算を分析したが、包括宗教法人の場合、各種研修会・講…

1・17から27年 語り伝える努力を1月19日

阪神・淡路大震災から27年目の日の前日、遠く離れた南太平洋トンガの火山爆発の影響で日本に津波が押し寄せた。国内の潮位上昇は最大でも1・2㍍だったが、この程度の水位変動でも…

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義1月14日

「働かざる者食うべからず」という言葉は、新約聖書にあるパウロの「テサロニケ人への第二の手紙」に由来するようだ。パウロは「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」と…

歴代藩主奉納の太刀公開

歴代藩主奉納の太刀公開

ニュース1月21日

管長に石附總持寺貫首 曹洞宗 初の就任、任期2年

ニュース1月21日

盛田正孝氏を推薦 顧問会 満場一致で候補に 總持寺副貫首選

ニュース1月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加