PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
中外日報宗教文化講座2021 第18回「涙骨賞」を募集

コロナ禍の死者を悼む 悲しみを共にする場が必要

2021年7月21日 14時07分

新型コロナウイルス感染症による日本国内の死者が1万5千人を超えた。東日本大震災で死亡した方々に匹敵する数である。世界ではすでに400万人を超えている。感染症に罹患して亡くなった方々だけではない。感染症の流行のために生活が成り立たなくなり、貧窮のためにいのちを落とした方や自ら死を選ぶところまで追い込まれた方もいる。

経済は何とか成り立っているようだが、飲食業や宿泊業などの職種は営業をやめざるを得なかった人たちも少なくない。医療や介護などの職種の方々は流行の波が高まるたびに極めて困難な状況に追い込まれざるを得なかった。医療・介護従事者で犠牲になる人が多かった国もあった。弱い立場の人々がさらに苦しい状況に追い込まれる傾向があった。

ワクチンが広く打たれた国々ではいくらか安心が広がり、かつての日常に近づこうとしている例もある。日本もそろそろそういう段階に近づいていきそうではあるが、デルタ株が広まって、7月中旬に東京などが緊急事態宣言下に入った。まったく油断はできない。オリンピックの影響も懸念されるが、第5波の流行が長引くことがないのを願う。

ただ長期的に見ると、今後、峠を過ぎて、重荷が軽くなっていく方向にあると言ってよいだろう。こうしたときにこそ、この災厄でいのちを落とした人々のことを悼み、悲しみに暮れている方々のことを思うべきだろう。

多くの方々が十分なケアを受けることができなかったり、親しい家族らとの交わりの時を持つことができなかったりした。葬儀も簡略な形でせざるを得なかった場合が多かった。生き残った方々には死者への負い目を感じている例も多いことだろう。

かつて人々は、宗教的儀礼を通して悲しみを共にする場を持ってきた。地縁・血縁の薄まり、社会の個人化の進行によって、共同体的な宗教儀礼の場が後退してきた。21世紀に入ってこの傾向は勢いを増している。新型コロナウイルス感染症で、この傾向はさらに深刻さを増したようだ。

新型コロナウイルス感染症に耐えるために尽力してくれている方々への感謝を共にするとともに、悲しみを共にする場を持つことが求められている。それは辛く孤独な死への道を歩まざるを得なかった方々、ひとしお寂しく喪失に苦しんでおられる方々のためであるとともに、この災厄で多かれ少なかれ辛さや孤独を感じた私たち自身のためでもある。宗教の本来的な役割にも通じている。

多様化する葬祭 問うべきは宗学上の意味7月16日

ノンフィクション作家・立花隆氏の死は2カ月近くたってメディアに報じられ、「樹木葬で埋葬された」と伝えられた。立花氏は生前、死後の葬式や墓には全く関心がなく、生ごみなどの有…

道心堅固の教え 現代の修行の亀鑑7月14日

臨済宗の専門道場で大接心が始まるに当たって、師家が「亀鑑」を読み上げ、修行の心構えを説く。各道場の亀鑑を比較研究したという話はあまり聞かないが、同じ禅の修行である以上、諭…

行いが報道を変える マスメディアは社会の鏡7月9日

宗教者や宗教団体による「社会貢献活動」に宗教界の関心も深まる中、先般の「宗教と社会」学会学術大会で「マスメディアの宗教的社会貢献活動の報道」という発表が行われた。東京工業…

展示された膝丸を見る尾池泰道門跡㊧

伝説の名刀「膝丸」公開 北野天満宮と同時開催 大覚寺霊宝館

ニュース7月21日
㊤開講式で「開講の辞」を述べる延塚講師<br>㊦配信用カメラの前で『往生要集』について講義する武田勧学

東西本願寺が2年ぶり安居 聖教の学び、止めない 初のオンライン講義

ニュース7月21日
「綸旨のための宿紙という紙でも時代によって紙質がかなり違うことが実物だと分かる」と話す下坂氏

歴代「上人」への綸旨発見 室町~江戸期の清水寺成就院

ニュース7月20日
このエントリーをはてなブックマークに追加