PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

かつて日本が辿った道 香港民主派の大量辞職に憂慮

2021年7月30日 11時00分

香港立法会(議会)では、昨年ほぼ全員の民主派議員が辞職した。今起こりつつあるのは、区議会での民主派議員の大量辞職である。すでに200人以上の民主派議員が辞職ないし辞意を表明している。その背景にあるのは、宣誓式で議員に香港政府への忠誠を誓わせるという新ルールだ。宣誓に違反すれば議員報酬は没収、最悪の場合逮捕という恐れもある。

香港は今や民主主義がなし崩し的に解体され、共産党中央の意を受けた統制が隅々まで及びつつある。司法の独立も形ばかりで、裁判をしても民主派にはもはや勝ち目はない。こうした事態に対し、世界中から憂慮の声が上がっている。

しかし、香港で今起こっていることは、76年前までこの日本でも当たり前だったことを、我々は知るべきである。中国の国家安全維持法を戦前の治安維持法に、特務警察を特高警察という言葉に置き換えてみるとよい。

日本では戦前、大正デモクラシーという民主化の動きがあったが、その光明は昭和の戦時体制下でたちまち消えていった。特高警察は国民の思想動向を監視するため、私服警察やスパイを様々な集会に潜り込ませ、公衆便所の落書きにすら目を光らせた。その詳細は、戦後復刻された『特高月報』などから読み取ることができる。

宗教ですら例外ではなかった。いかなる宗教団体であっても、国体に反する教義や言動があれば直ちに摘発され、また一方で有無を言わさぬ戦争協力が強制された。その点で言えば、中国で昨年、宗教団体を管理統率する法令として施行された宗教団体管理弁法は、戦前の日本の宗教団体法とも二重写しにも見えてくる。

かつての日本が辿った抑圧の道を、今日の香港がリアルタイムで辿っている。このことを日本の宗教者は直視し、憂慮の声を中国に伝えていくべきではなかろうか。問題は香港の民主派の危機だけではない。ウイグルやチベットの人権抑圧、宗教弾圧の問題もそうだ。中国側がこうした指摘に対して内政干渉だと反発することは、当然予想されよう。実際、東アジアの宗教対話集会をボイコットしたこともあった。

だが、日本側がそれを恐れ、表面的な日中友好の次元でお茶を濁すことはあってはならない。宗教対話のチャンネルを堅持しつつ、中国側に粘り強く意見を伝えていくことは可能なはずだ。幸い日中双方には、互いに共有できる大乗仏教の教えがある。この教えを基に平和への道筋を説得力ある形で伝えることはできないだろうか。

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に1月21日

コロナ禍は宗教界にも、教化活動や財政面で深刻な影響を及ぼしている。本紙元日号ではコロナ禍1年目の仏教各宗派2020年度決算を分析したが、包括宗教法人の場合、各種研修会・講…

1・17から27年 語り伝える努力を1月19日

阪神・淡路大震災から27年目の日の前日、遠く離れた南太平洋トンガの火山爆発の影響で日本に津波が押し寄せた。国内の潮位上昇は最大でも1・2㍍だったが、この程度の水位変動でも…

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義1月14日

「働かざる者食うべからず」という言葉は、新約聖書にあるパウロの「テサロニケ人への第二の手紙」に由来するようだ。パウロは「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」と…

神社界 歴代藩主奉納の太刀公開

神社界 歴代藩主奉納の太刀公開

ニュース1月21日

管長に石附總持寺貫首 曹洞宗 初の就任、任期2年

ニュース1月21日

盛田正孝氏を推薦 顧問会 満場一致で候補に 總持寺副貫首選

ニュース1月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加