PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

寺を「安心の場」に 要医療者向け避難所始動へ

2021年8月20日 10時36分

最も困った時、最も大変な人のために寺を役立てられるか? そのような発想で、大阪市内の市街地にある浄土宗願生寺の大河内大博住職がユニークな災害対策プロジェクトをスタートさせる。地震や台風などの災害時に、高度な医療的ケアを常時必要とする人の専門避難所として寺を開放するという「ニーズ特化型避難所モデル」だ。

対象はALSやパーキンソン病などの重症患者、人工呼吸器などをつけていたり、在宅で寝たきりになっていたりする高齢者ら。現実には我が国に災害の際にそういう人々が入れる避難所はほとんど存在せず、非常時は病院頼みにならざるを得ない。今回のモデルは極めてシンプルな構想だが、地域における先進的なリーディングケースとなる。

東日本大震災などで支援活動に従事し、毎年各地で相次ぐ災害を目の当たりにした大河内住職は、公共性のある寺を防災に活用するため、既にある学校や公共施設の避難所という「公助」の隙間を埋める役割を考えた。元々、寺を地域に開くという理念で様々な取り組みをしてきたからこそ出てくるアイデアだが、一般の被災者向けには全国で宗教施設が行政と防災協定を結び、災害対策物資を備蓄するなどの動きは広がっており、「そこで救いきれず取り残される人は?」という観点から「特化型」に行き着いた。

背景には同住職がスピリチュアルケアの専門家として長年、病院でチャプレンを務め、また現在は寺として地域への訪問看護ステーションを運営するなど医療関係に幅広いネットワークを持つという事情がある。だがこれは、そういう特別な条件を満たす願生寺だけの試みにはとどまらない。現実の災害時の対処法はケース・バイ・ケースだが、工夫次第で多くの寺院が同様の特化型避難所を担うというモデルケースとして確立させることも狙いだ。その幅の広さから、仏教者の社会貢献活動を支援する浄土宗ともいき財団による助成も決まった。

今後、防災専門家のコンサルティングを受けながら災害時の運用のシミュレーションや医療的ケアを必要とする地域の人々への情報提供ルートの構築、役所や医療機関、地域包括支援センターなどとの連携に向けて検討を進める。日常から檀家参りやステーションの仕事での患者宅訪問で要医療者に接する大河内住職には、その人たちの顔が見えている。そして語る。「単なる建物、風景ではなく、何かあった時に頼りになるというのが寺の役割ですから」

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に1月21日

コロナ禍は宗教界にも、教化活動や財政面で深刻な影響を及ぼしている。本紙元日号ではコロナ禍1年目の仏教各宗派2020年度決算を分析したが、包括宗教法人の場合、各種研修会・講…

1・17から27年 語り伝える努力を1月19日

阪神・淡路大震災から27年目の日の前日、遠く離れた南太平洋トンガの火山爆発の影響で日本に津波が押し寄せた。国内の潮位上昇は最大でも1・2㍍だったが、この程度の水位変動でも…

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義1月14日

「働かざる者食うべからず」という言葉は、新約聖書にあるパウロの「テサロニケ人への第二の手紙」に由来するようだ。パウロは「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」と…

神社界 歴代藩主奉納の太刀公開

神社界 歴代藩主奉納の太刀公開

ニュース1月21日

管長に石附總持寺貫首 曹洞宗 初の就任、任期2年

ニュース1月21日

盛田正孝氏を推薦 顧問会 満場一致で候補に 總持寺副貫首選

ニュース1月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加