PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

アフガン情勢 憂慮すべき聖典の恣意的解釈

2021年8月25日 10時28分

タリバンがアフガニスタンの政権を武力奪取した。タリバンの広報官は、記者会見で社会での女性の権利をイスラム法の範囲内で保障すると述べた。しかし、国営放送の女性キャスターが出社を拒否されたり、街では広告の女性の顔が黒く塗りつぶされたりと、早くもそれと裏腹の事態が起こっている。また、反対デモには発砲し、多数の死傷者も出て、国を脱出しようと大勢の市民が空港に殺到するありさまだ。

タリバン政権は民主主義を採用しないと宣言した。民主主義は市民の平等で自由な参加を前提とした政治体制であり、多数決原理と少数者の権利擁護を共に含んでいる。これを採用しない場合、独裁政治もしくは寡頭政治になってしまう。タリバンは、自分たち宗教指導者層による寡頭支配を目指しているのであろうか。

ここで注意すべきは、民主主義とは共産主義や資本主義といった「~イズム」というイデオロギーではないことだ。民主主義とは、原語のデモクラシーから言って、本来それは「~クラシー」という政体の在り方を意味する。だから本来は民主政体、民主制と訳した方が正確であり、これに対立する政体として独裁制や貴族制などがある。

この意味での民主主義は現代の普遍的価値として定着している。これを否定する政権の下では、意見の対立する人々の権利は蔑ろにされる。市民が声を上げようとしても、武力で押さえ付けられる。そのため政情不安が増大し、難民の問題も生まれてくる。アフガニスタンはいまや、シリアやミャンマーと同じ危機に直面していると言えよう。

しかし、これらの国以上にアフガン情勢が憂慮されるのは、タリバン政権がイスラム原理主義を掲げていることである。彼らは宗教の教えを盾に取って政治を行おうとしている。クルアーンは本来、イスラム法学者による多様な解釈を許容するものだが、タリバン政権の言うイスラム法はあくまで彼らに都合良く、狭く固めて解釈されたもののようだ。そこに見られるのは恣意的な聖典解釈である。

いわゆる宗教原理主義の問題は、聖典を尊重してそれを字義通りに受け取っているつもりで、実際には聖典を手段化し、都合良く利用しているところにある。しかし、どの宗教も普遍的宗教を標榜する限り、その聖典が一部の人間だけに好都合な教えであるということは決してないのだ。それは万人に開かれているが故に、人類の普遍的価値観に適合する。当然それは民主主義にも合致するものなのである。

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に1月21日

コロナ禍は宗教界にも、教化活動や財政面で深刻な影響を及ぼしている。本紙元日号ではコロナ禍1年目の仏教各宗派2020年度決算を分析したが、包括宗教法人の場合、各種研修会・講…

1・17から27年 語り伝える努力を1月19日

阪神・淡路大震災から27年目の日の前日、遠く離れた南太平洋トンガの火山爆発の影響で日本に津波が押し寄せた。国内の潮位上昇は最大でも1・2㍍だったが、この程度の水位変動でも…

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義1月14日

「働かざる者食うべからず」という言葉は、新約聖書にあるパウロの「テサロニケ人への第二の手紙」に由来するようだ。パウロは「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」と…

350年大遠諱は規模縮小 隠元禅師像「里帰り」問題 「何も話してない」 黄檗宗定宗 22年度予算案 修正できず未承認

ニュース1月24日

是旃陀羅問題 「不読」直接提言せず 大谷派 三つの報告書提出

ニュース1月24日
宗内寺院を代表して弔辞を捧げる中村議長

世界平和へ強い願い 森川前座主の天台宗葬 300人参列、功績偲ぶ

ニュース1月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加