PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
第18回「涙骨賞」を募集
PR
第18回「涙骨賞」を募集 翠雲堂

「テロとの戦い」の錯誤 宗教者の平和活動の意義

2021年9月17日 10時25分

アメリカ同時テロから20年経った。米軍がアフガニスタンから撤退し、米軍が駆逐したはずのタリバンによる政権が復帰した。米国は「テロとの戦い」を掲げてアフガニスタンを攻撃し、軍事的庇護下で新政権を樹立したはずだったが、結局、その政権は無に帰した。オサマ・ビン・ラディンは殺害されたが、その成果の裏には多くのアフガニスタン住民と米軍兵士の犠牲があった。成果に比して犠牲はあまりにも大きい。

こうした米国の報復攻撃の錯誤はイラクでも起きている。アフガニスタン攻撃に続いて行われた2003年のイラク攻撃は、フセイン政権の大量破壊兵器所持を名目としたが、それは誤りであることが明確になり、米国と行動を共にした英国のブレア元首相もそれを認めざるを得なかった。日本政府は1991年の湾岸戦争以来、米国が呼び掛ける有志連合に加わることをよしとしてきたが、それがどのような結果をもたらしたか、その判断の妥当性を十分に検証する必要があるだろう。

一方、この機会に9・11以後、日本の宗教系組織がまったく異なる対応を取ってきたことを思い起こしておきたい。70年に設立された世界宗教者平和会議日本委員会、81年設立のシャンティ国際ボランティア会、93年設立のアーユス仏教国際協力ネットワークなどはアフガニスタンの人道支援・民生支援に取り組んできた。

もっと世に知られているのは、83年に設立された国際NGOペシャワール会の故中村哲医師である。キリスト教徒の中村医師は日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)から派遣され、当初はパキスタンとアフガニスタンで医療支援に取り組み、やがて住民との交流の中から民生支援・農業支援を展開、現地で多大な信頼を得た。2019年12月に何者かの銃撃により殺害されたのは痛恨のことではあるが、中村医師の活動はアフガニスタンの多くの人々に長く記憶され、平和への偉大な貢献として世界の多くの人々にも知られ、良きモデルとして学ばれていくことになるだろう。

アフガニスタンの今後については分からないことが多い。しかし、日本のみならず世界の宗教者が積み重ねた平和のための忍耐強い地道な活動は長く記憶されていくだろう。冷戦時代以降、宗教が対立をあおる方向で働いた面が多々あったと思われるが、このように宗教が関わる支援活動が平和に貢献した力を忘れないようにしたい。宗教は人類社会の希望に関わる発信の役割を確かに持っているのである。

因果論活用の限界 宗教的な共生の意志こそ10月15日

新型コロナウイルスの著効ある治療薬の普及はまだこれから。決め手はワクチンで、ファイザー社やモデルナ社などのワクチンが開発され接種が進んだ。最近、感染者数は激減したが、感染…

いのちは選べるか 生かすためになすべきこと10月13日

トリアージという言葉は、災害や事故、戦争などで多くの負傷者が出た際、救命の観点から、医療関係者が治療の優先順位を付けて負傷者を分類することを意味する。「いのち」に優先順位…

コロナの出口戦略 冒険するか安全策を取るか10月8日

ワクチン接種が広まり、人の流れがいったん減少してきたこともあって、コロナ感染者はひと頃より減ってきた。国民の多くは1年半以上も続いた自粛生活に倦んでいる。何度も出される緊…

「6月に伝教大師1200年大遠忌御祥当法要を厳かに営んだ」と報告する阿部宗務総長

寺院教会納金12%減額 天台宗通常宗議会 2年延期の収入額申告 新基準で24年度実施 阿部総長強調

ニュース10月15日
入山の心境を語る石附貫首

石附周行貫首が入山 「瑩山禅師700回忌の円成を」 大本山總持寺

ニュース10月15日
テープカットする千秋宮司(中央)と小串和夫名誉宮司㊨ら。左上のオブジェは大太刀を振るう真柄十郎左衛門

熱田神宮に刀剣展示館開館 草薙神剣の心伝える 国宝・重文含む450点所蔵

ニュース10月14日
このエントリーをはてなブックマークに追加