PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2022
PR
翠雲堂

欲望と宗教心 仏性は自覚されて働く

2021年9月22日 11時40分

欲と願いとはほとんど同義に用いられることもあるが、欲は物欲、名誉欲、愛欲のように用いられ、願いは平和への願い、真実が明らかとなる願い、無病息災への願いのように用いられ、区別されるのが元来である。願いに決心が加われば、仏教徒にはよく知られている四弘誓願という語になる。すなわち欲は悪いことで願いは善いことという含みがある。

しかし欲と願いには共通する点もある。自我を動かすものには外からの圧力もあるが、内からの促しもあり、欲と願いは共に後者に属する。義務感もまた同様である。

ところで内にあって自我を動かすものは、一般に、意識されて初めてはたらくのであって、先に列挙したものもそうだが、自分の可能性を発展させるという大切な営為においても、まずは自分の可能性に気付くことが必要なのである。教育の大きな役割はここにあるといっても過言ではない。

宗教の場合も同じで、道元は仏性が具足するのは悟りと同時だという。一切衆生にはことごとく仏性が備わっているといっても、それが十分にはたらくのは悟りにおいてだというのである。仏心は自覚されて、すなわち意識に現れて、現実となるのである。

他方、意識されないままの欲望がある。その場合、欲望は形を変えてあらぬ方に人を動かすことを発見し、それを例えば強迫神経症やヒステリーのうちに見たのはS・フロイトだ。彼の説が一時はもてはやされながら、やがて下火になったのは、彼のリビドー一元論が行き過ぎだと見なされたせいもあるけれども、そもそも自我が無意識によって振り回されるという把握が理性的人間の尊厳を冒すと(不当にも)感じられたせいもあるだろう。

一方、C・G・ユングは抑圧された無意識の願望というより、現代人の意識下に隠されてしまった古代的心性のはたらきが夢などを通して自我に現れると考えたが、いずれにしてもこのような無意識のはたらきの存在は認める必要があるだろう。

現代人の場合は自意識が発達し過ぎて、自意識に反する心性は抑圧される傾向が著しい。人間の宗教心も例外ではなく、清らかな優しいこころや平和への願い、真実への希求などは、勝つこと、もうけること、楽しむことへの現代人の「欲」によって意識から排除されてしまう傾向が著しい。

仏心の願いは現代人の思考と欲に妨げられて意識に上り難くなっている。仏性は自覚されなければ十分にはたらかないのである。

包括・被包括の観点で 宗派の未来目指す予算に1月21日

コロナ禍は宗教界にも、教化活動や財政面で深刻な影響を及ぼしている。本紙元日号ではコロナ禍1年目の仏教各宗派2020年度決算を分析したが、包括宗教法人の場合、各種研修会・講…

1・17から27年 語り伝える努力を1月19日

阪神・淡路大震災から27年目の日の前日、遠く離れた南太平洋トンガの火山爆発の影響で日本に津波が押し寄せた。国内の潮位上昇は最大でも1・2㍍だったが、この程度の水位変動でも…

日常の中の仏行 「百丈清規」の現代的意義1月14日

「働かざる者食うべからず」という言葉は、新約聖書にあるパウロの「テサロニケ人への第二の手紙」に由来するようだ。パウロは「働こうとしない者は、食べることもしてはならない」と…

350年大遠諱は規模縮小 隠元禅師像「里帰り」問題 「何も話してない」 黄檗宗定宗 22年度予算案 修正できず未承認

ニュース1月24日

是旃陀羅問題 「不読」直接提言せず 大谷派 三つの報告書提出

ニュース1月24日
宗内寺院を代表して弔辞を捧げる中村議長

世界平和へ強い願い 森川前座主の天台宗葬 300人参列、功績偲ぶ

ニュース1月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加