PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

宗派帰属意識 教団の可能性を阻む無関心

2021年10月29日 10時30分

各宗派で秋の宗議会が開かれ、コロナ禍による教化活動・伝統行事などへの深刻な影響、悪化する宗門経営等が議題となったが、その中で特に気になる話があった。

真宗大谷派の宗会臨時会(14、15日)で新たに就任した木越渉宗務総長が「特に若い僧侶が宗務への興味をなくしている」と懸念を語ったという。宗門関係者の宗派への帰属意識の低下が伝統仏教教団に共通して見られる、とも指摘した(本紙20日付)。

同派では9月に宗議会議員選挙が全65議席無投票で確定した。候補者の競合がなかったのはここ半世紀で初。その際にも「宗政に対する近年の関心の低下」が語られていた(同9月8日付)。国政と違って無投票当選が多いのが宗門関係の選挙の通例だが、「半世紀ぶり」は宗政離れを改めて感じさせるものだったのだろう。

木越氏の指摘通り、「宗派帰属意識」の低下は各教団で多かれ少なかれ進んでいるようである。独自の宗教活動を展開する僧侶の一部には、「宗門に期待しない」と発言する人もいる。

なぜこのようになったのか。一つは、組織としての宗門が時代の変化に追い付けていない、ということがあるだろう。他方で、宗派の垣根を越えた横のつながりが、様々なところで有効に働き始めている。超宗派の協働は今後様々な分野で求められるであろうし、そこでは宗旨の違いはさほど大きな意味がなくなるかもしれない。また、檀信徒自身がどの宗派、寺に属しているかということは、現実の社会関係(利害)と関わる部分が徐々に少なくなってきている。これは世俗化の余波だろう。

檀信徒の宗派帰属意識は宗門の教化の重要な課題だが、その前提で宗門僧侶の意識をもっと宗派の活動に向けることが必要だ。

明治維新から約160年。各宗派は近代的な宗門の姿を模索し続けてきた。江戸時代以来の古い檀家制度の衰退は徐々に、不可逆的に進むとしても、寺院活動の再活性化を担う教団の可能性はまだ十分に試されていないと考える。宗門としての公共性を意識した活動なども未開拓の部分が多いが、何より教団こそがなし得るのは後継者教育だ。寺の「家庭」化で寺院内の子弟教育、雛僧の育成が難しくなっている現在、教団の役割はますます大きいはずである。

この点でも宗派帰属意識、宗政への関心低下は宗門が持つ可能性を阻む深刻な問題だ。帰属意識回復の具体的な施策が必要である。特に、宗務行政は一部有力者ではなく、宗門構成員全体の問題と実感されるよう努力すべきだろう。

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める5月13日

高齢者らを介護する家で使わず余った新品の紙おむつを寺で集めて必要な家庭などに贈り、同時に“支え合いの心”を広めようという「お寺おむつプロジェクト」を大阪府柏原市の寺院が発…

分岐点に来た平和主義 問われる宗教界の努力5月11日

ウクライナ危機が酸鼻を極める中、初期仏典「ダンマパダ」が説く「恥を知らず、烏のように厚かましく(略)大胆で、心の汚れた者は生活し易い」(中村元訳『真理のことば』)という教…

震災の教訓忘れず 日常の地道な防災教育を5月9日

東日本大震災から11年のこの3月に相次いだ大きな地震で、被災地の人々は「あの時」をいやが応でも思い出した。震災当時に甚大な被害があった岩手県大槌町吉里吉里地区では、山の中…

田中宗務総長㊨から管長印璽を受け取る菅野第55代管長

菅野管長、再任を奉告 「立正安国実現へ不惜身命」 日蓮宗

ニュース5月16日
荘厳な二十五菩薩の練供養

3年ぶり万部法要 儀式伝承を懸念、復活 融通念仏宗総本山大念仏寺

ニュース5月16日

【ロシア、ウクライナ侵攻】難民滞在状況を視察 ポーランド、モルドバ訪問 シャンティ国際ボランティア会

ニュース5月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加