PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

情報化社会と宗教 オンラインはパンドラの箱か

2021年11月2日 14時40分

新型コロナウイルスの感染は現在、目立って減少している。冬にかけて再拡大の恐れもあり、決して気が抜けないが、このところの感染減少は朗報には違いない。

宗教界では、コロナ後の布教や教化のありようを模索しつつある。そのキーワードの一つが情報化社会である。先般オンラインで開かれた教団付置研究所懇話会第19回年次大会のテーマは、まさに「情報化社会と宗教」であった。各宗教教団からの発表のほか、16の教団付置研究所からアンケート回答が寄せられた。どの教団も、コロナ禍の中でやむを得ずオンラインを導入せざるを得なかったが、始めてみるとその利便性は思いのほかで、様々な形で活用が図られるようになった。オンライン化の流れは、宗教においても新しい生活様式として今後も定着していくだろう。

今回の年次大会では、もっぱら教団からの情報発信について議論が行われた。だが、再考すべきは、情報が宗教にとってどういう役割を持つかということだ。教団上層部、僧侶や教師だけが情報を発信しているのではない。SNSの普及により、一般信者の側も主体的な情報発信、自由な情報交換を行うようになってきた。そうした情報は教団内外を超えて相互に行き交う。情報が双方向的に流れていれば、どんな組織や社会も風通しの良いものとなり、そこに新しい創意工夫も生まれてくる。情報は人と人をつなぎ、イノベーションを促す潤滑油でもある。

一方、それは教団側に大きな体質改善を迫ることにもなる。教化指導が信者を受け身の状態に置くばかりだったのではないか。信者の側も、悩みや葛藤も感じずに教師や僧侶に素直に従うのをひたすら良しとしてきたのではないか。こうした気付きが何より大切である。教えや信仰をただ単純に上意下達式に信者へと伝えればよいというのでは、これからの教団は立ち行かなくなっていくだろう。

その意味で、従来の在り方に安住してきた教団関係者にとっては、オンライン化はパンドラの箱を開けるようなものなのかもしれない。実際、教団批判の内部告発や異端的な言説がオンライン上を飛び交い、対応に苦慮している教団もある。

確かに教団にとって大きな試練だが、オンライン化は従来の教団運営の問題をあぶり出してくれるものとして積極的に受け入れていくべきである。何よりも信者を大切にするという基本軸さえぶれなければ、どんな問題が出てきても恐れる必要はない。パンドラの箱の底には希望が残されている。

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める5月13日

高齢者らを介護する家で使わず余った新品の紙おむつを寺で集めて必要な家庭などに贈り、同時に“支え合いの心”を広めようという「お寺おむつプロジェクト」を大阪府柏原市の寺院が発…

分岐点に来た平和主義 問われる宗教界の努力5月11日

ウクライナ危機が酸鼻を極める中、初期仏典「ダンマパダ」が説く「恥を知らず、烏のように厚かましく(略)大胆で、心の汚れた者は生活し易い」(中村元訳『真理のことば』)という教…

震災の教訓忘れず 日常の地道な防災教育を5月9日

東日本大震災から11年のこの3月に相次いだ大きな地震で、被災地の人々は「あの時」をいやが応でも思い出した。震災当時に甚大な被害があった岩手県大槌町吉里吉里地区では、山の中…

田中宗務総長㊨から管長印璽を受け取る菅野第55代管長

菅野管長、再任を奉告 「立正安国実現へ不惜身命」 日蓮宗

ニュース5月16日
荘厳な二十五菩薩の練供養

3年ぶり万部法要 儀式伝承を懸念、復活 融通念仏宗総本山大念仏寺

ニュース5月16日

【ロシア、ウクライナ侵攻】難民滞在状況を視察 ポーランド、モルドバ訪問 シャンティ国際ボランティア会

ニュース5月16日
このエントリーをはてなブックマークに追加