PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

いのちが揺らぐ社会 細かい支えと大きな視点

2022年1月12日 09時48分

今年は西日本豪雨から4年、熊本地震と津久井やまゆり園事件から6年、東日本大震災から11年、秋葉原事件から14年、阪神・淡路大震災から27年……。悲惨な出来事に“節目”などはなく、人々の困窮と悲嘆に終点はない。東北の被災地では、行政的支援策の終了で「復興」に取り残される被災者が将来を見通すことが困難になり、原発事故の影響で故郷に帰ることすらできない被害者が多数いる。

コロナ禍は3年目に入り、社会への構造的な重圧になっている。医療資源不足によって多くの人命が脅かされ、現場ではトリアージという名の“いのちの選別”が進んで、世間全体の生命に対する見方にまで暗い影を落とす。経済危機によって職を失い貧困化する人の数は増え、自死の増加にもつながっている。感染者数の増減にかかわらず、いのちの揺らぎは深刻化していると言わざるを得ない。

このような社会では困難な境遇にある人々への支え、いのちへの寄り添いがますます重要になるが、いろんな立場の人たちが行動しながらその意味を深く論議し、追求することは大変有意義だ。「いのちの専門家」である宗教者もまた、人を支援するとはどういうことかを考えることが多くなるだろう。

昨年来、相次いで出版された『ケアとは何か』(中公新書)、『見捨てられる〈いのち〉を考える』(晶文社)、『〈反延命〉主義の時代』(現代書館)といった書籍が注目され、各地でケアや支援に関わる人たちによる研究会が開かれた。いずれもが、この社会で「役に立つか立たないか」などもろもろの状況でいのちに軽重が付けられるような傾向に対し、「人間の弱さを肯定し、支え合って生きる」ことこそがケアだと訴える。

また各地で相次ぐ野宿者襲撃・殺害事件を受けて、ホームレス支援の現場からの報告をはじめとする貧困問題の勉強会もリモートで続けられた。そこでも、地域の子供たちによる夜回りと弁当配布の活動などから、生きることの尊さ、いのちの重さを学び、互いに尊重し合うことの重要性が語られた。

そこで浮かび上がったのが、苦難にある人一人一人に寄り添う「小さな神々」と、そのような苦を生み出す社会構造自体に向き合う「大きな物語」との調和・両立の重要性と困難さだ。人々の個別具体的な《小さな願い》に無関心な《大きな絵》は空疎な論に陥りがちだが、その願いを支えるために場合によっては社会の仕組みを変革する必要があることも自明だ。苦の現場で答えの模索が続く。

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ6月24日

認知症はかつて痴呆と呼ばれていた。2004年に厚生労働省はこれを認知症と言い換えることにした。今日では認知症の語はすっかり定着している。痴呆では、それ自体が差別的表現であ…

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか6月17日

ITやAI(人工知能)の登場で社会構造の変革が急速に進み、文明は第4次産業革命の段階に入ったと言われて久しい。一方で18世紀末の産業革命以来、成長の原動力となり、大国によ…

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘6月15日

アメリカ国務省はこのほど2021年度版国際宗教の自由報告書を発表した。ブリンケン国務長官は2日のプレスリリースで「宗教の自由は、私たちの憲法の権利章典に記されている最初の…

神社本庁総長人事 田中氏の再任を決議も統理の指名なく未就任

ニュース6月24日
大きな顔が特徴の広島大仏と田中住職

広島大仏、67年ぶり里帰り 原爆忌平和法要控え 数奇な運命、奈良・極楽寺から

ニュース6月24日
何我寺本堂に立つ知花昌一氏。寺名にはウチナーグチ(沖縄方言)の「ぬーが」(これは何)と、「我なんぞするや」(私は何をなすか)の二つの意味を込めた

【連載】復帰50年、沖縄仏教はいま〈終〉 戦後の再出発 ― 土地は基地に、複雑な思い

ニュース6月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加