PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

魔性と仏性 心の闇を照らす仏の教え

2022年1月28日 14時50分

25人の犠牲者を出した大阪・北新地の放火殺人事件。現場となった心療内科クリニックには600人以上が通院していた。容疑者の男もまたその一人だった。彼は多くの人々を巻き込んで自殺しようと、前々から計画を練っていたという。この事件を拡大自殺とも呼ぶ識者もいる。拡大自殺の背景には、社会に対する孤立感と深い絶望があるとされる。

しかし、そのような孤立感や絶望に苦しんでいる人は容疑者だけではない。拡大自殺と言っても、これは許されざる大量殺人である。彼が死亡した今、どうしてこんな事件を起こしたのか、本人の口から聞く機会は永久に失われた。

この事件を巡っては様々な意見があるだろう。軽々な議論は慎むべきであるが、宗教者、仏教者の立場として一つ求められることは、人間の心の闇の部分への洞察だと思う。容疑者は5年前からクリニックに通院しており、他の通院患者と同じように社会復帰、職場復帰を目指していたはずだ。それがいつしか心の中に魔性を棲まわせてしまった。いや、たとえ魔性が棲んでいたとしても、普通の人はそれを心の中に収めておくことができる。だが彼にはそれができなかった。

それにつけても思うのは、「さるべき業縁のもよおせば、いかなるふるまいもすべし」という親鸞の言葉である。しかるべき業縁が促せば、人はどんな行いもするだろう。しかしこれは、人間の犯す悪を全て業縁や内なる魔性のせいにしてしまえという意味ではない。そうではなく、これは、悪事を行おうとしても業縁がなければ悪いことはできないし、悪事をしないと思っても業縁があれば悪を犯してしまうという、人間的現実に対する深い洞察なのである。

この洞察を得れば、誰もが苦の大海を諦観し、また仏の慈悲によりそこから救われる足掛かりも見えてこよう。いかなる人をも救済するのが仏であり、人間誰もが仏に救済される本性を自らの内に持つ。この本性こそが仏性だとも理解できよう。人が仏性を開花させるためには、業縁や内なる魔性を自覚することが不可欠である。

仏教は、誰の心の内にも仏性があると説く。僧侶には人に魔性を知らしめ、仏性を開花させる務めがある。それには時間がかかるが、僧侶は一人一人に応じて根気よく仏法を説いていかなければならない。対機説法は僧侶の臨床的対応である。苦海にいる人々に対して、心の闇を仏の教えによって照らし、魔性を滅却して仏性を育てる役割を今後も僧侶に一層期待したい。

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療5月20日

熊本市にあるカトリック系の慈恵病院で10代の女性が病院だけに身元を明かす「内密出産」で昨年末に子供を産んだ。国内初の事例であり、出生届を親の氏名が空欄のままで受理できるの…

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド5月18日

ロシアによるウクライナ侵攻の報道で、兵器の値段が出てくることがある。驚かされるのはその高額なことと消耗の激しさだ。ロシアの戦車は1両1億数千万円、新型のものだと4億円以上…

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める5月13日

高齢者らを介護する家で使わず余った新品の紙おむつを寺で集めて必要な家庭などに贈り、同時に“支え合いの心”を広めようという「お寺おむつプロジェクト」を大阪府柏原市の寺院が発…

巨大な素屋根の中で表白を唱える五條管長

仁王門の解体始まる 70年ぶりに修理 総本山金峯山寺

ニュース5月24日
鎮魂之碑の前で追悼法要を行うみなかみ町の僧侶ら

インドネシア・スマラン事件 犠牲の邦人らを追悼 群馬みなかみ町

ニュース5月24日
慶讃文を読み上げる及川貫首

降誕800年、開創700年祝う 及川貫首「法華経道場守る」 日蓮宗妙顕寺

ニュース5月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加