PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

正教会の分裂 ウクライナ危機の背後で

2022年2月18日 12時19分

全世界に約2億6千万人の信徒がいる正教会は日本では信者数9千人弱(『宗教年鑑令和3年版』)とマイノリティーで、一般にはニコライ大主教やニコライ堂など教会建築が知られる程度だろう。

米のピュー・リサーチセンターによると、2017年時点で世界の正教徒の4割がロシアに住み、ウクライナやエチオピアにも各々3500万人程度の信徒がいる。旧ソ連圏のロシアとウクライナを合わせると過半数を占める。

その両国がいま戦争の危機にある。ロシアはウクライナ国境の軍を増強し、関係諸国の戦争回避の外交努力の中、緊張は依然続く。外務省はウクライナを最高レベルの危険度4に指定し、邦人に国外退避を呼び掛けている。

両国の関係については歴史を遡って考える必要があるが、ここでは論じる余裕はない。しかし、14年のロシアのクリミア併合後、宗教上の重要な出来事が起きていることに触れておきたい。

それまで日本正教会と同様にロシア正教会の管轄下にあったウクライナ正教徒の多数派の独立が18年末、コンスタンチノープル総主教の下で認められたことだ。同総主教は対等な9人の総主教中の首位者だが、モスクワ総主教庁はこれに反発し、断交を宣言したと伝えられる。一方、当時のウクライナ大統領は「悪に対する善の勝利」と歓迎した(ナショナルジオグラフィック日本版サイト)。政治・軍事的緊張とともに宗教上の軋轢があるようだが、教義ではなく国家の力を背景にした教会間の力関係の問題である。

米国務省の『宗教の自由報告書21年版』はロシアの総人口約1億4千万人中、63%がロシア正教徒としている。この教会帰属率はソ連崩壊後、弾圧から保護に転じた政策の転換が反映している。ただし、ピュー・リサーチセンターの調べ(16年)によると、宗教が「非常に重要」と答えたロシア人はわずか15%、ウクライナ人は20%で、宗教活動参加率もこれに準じて低い。積極的な信仰の確認というより、「国民であること」の自己認識の意味合いが強い、との見方がある(ナショナルジオグラフィック同上)。

2年前、モスクワ郊外にロシア軍の主聖堂が建てられた。これは愛国心の象徴だが、信仰活動の空洞化が変わっていないならば、信仰復興の表れと見間違えない方がいい。宗教利用が宗教復興のように見えるのはよくある。他山の石として学びたい。核保有国が仕掛ける戦争は人類絶滅にもつながりかねない。平和への貢献という宗教の役割が問われる。

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後5月25日

生老病死は誰一人として避けて通れない道である。そこには僧侶も在家者も、老若男女の区別もない。老いが進み、病床に伏すようになれば施設や病院で人生の最期を迎えるのも僧俗に格別…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療5月20日

熊本市にあるカトリック系の慈恵病院で10代の女性が病院だけに身元を明かす「内密出産」で昨年末に子供を産んだ。国内初の事例であり、出生届を親の氏名が空欄のままで受理できるの…

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド5月18日

ロシアによるウクライナ侵攻の報道で、兵器の値段が出てくることがある。驚かされるのはその高額なことと消耗の激しさだ。ロシアの戦車は1両1億数千万円、新型のものだと4億円以上…

本社神輿3基がそろって氏子地域を巡った

三社祭、活気再び 本社神輿3基、3年ぶり渡御 浅草神社

ニュース5月27日
消えずの火を点火する椋田委員長㊧と中村副委員長

大師「消えずの火」後世に 宮島弥山・大聖院で灯火台落慶 生誕1250年委

ニュース5月27日
室中の間の玉龍(第6龍)の前に座る細川氏㊨と松山住職

細川元首相、龍安寺に襖絵奉納 雲龍図40面のうち32面完成 開基・細川勝元550年遠諱記念

ニュース5月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加