PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

介護者カフェ 寺院ならではの役割

2022年4月6日 12時50分

コロナ禍の影響による行動抑制などで、家庭内で要介護や認知症になる高齢者が増えているという。そんな中で家族ケアラー、肉親を介護する人の疲弊を軽減することを目指す「ケアラーズカフェ」「介護者カフェ」の役割が重みを増している。宗教界でも浄土宗は、首都圏をはじめとしてかなりの数の寺院で取り組みを進め、宗門の主導で新たにカフェを開催しようとする寺院へのノウハウ提供も盛んだ。

元々、社会の超高齢化で介護を要する人は増加の一途、それをケアする側も老老介護や多重介護、あるいは最近クローズアップされているヤングケアラーなど状況は深刻だ。そんな家族らを支える介護者カフェは、例えば大阪や京都でも新型コロナウイルスの感染防止対策を講じながら定期的に開かれている。高齢の親を介護中、あるいは今後その予定の人、介護されている人も対象になり、当事者同士の分かち合いの会で日常的な悩みを話し合って心身の安らぎにつなげるのが狙いだ。

参加者は「くたくたに疲れた」「もう限界」という苦悩や、普段の生活上の具体的な困り事を訴える。一方で「親を世話していたら、笑ってくれたのでほっとした」といった、報われたと感じた体験も披露される。運営するある住職は「ため込んでしまいがちな辛い思いを共有できるのが利点。介護には正解や完璧はなく、一人一人にできないことや分からないことがある。背伸びしなくてもいいと安心を感じ、カフェに集うことで介護体験がほかの方の役に立ち自信につながる」と言う。

浄土宗が出しているカフェ開催のガイドブックには、介護のプロセスが数カ月から10年以上に及ぶ場合がある状況を説明。「場」の提供と「傾聴」が寺院の役割で、費用もあまりかからないこと、行政や福祉専門家との連携が必要な点を解説した上で、事前準備から参加募集告知、開催当日の運営方法、振り返りまでの流れをフローチャートで詳しく提示している。

要諦は、仏教者がこの取り組みをすることの意義。介護には仏教の説く「苦」そのものが多く含まれ、「生老病死」の四苦は全てあるという。八苦の中でも、被介護者が亡くなれば「愛別離苦」が生じ、介護の負担から大切なはずの肉親を憎んでしまう「怨憎会苦」も含まれる。そして各寺の実施例の紹介で、カフェ参加者から「お寺という場だからこそ悩みを打ち明けられた」との声があったという報告は、地域における寺院の活動の在り方を考える上でも大きな示唆となろう。

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療5月20日

熊本市にあるカトリック系の慈恵病院で10代の女性が病院だけに身元を明かす「内密出産」で昨年末に子供を産んだ。国内初の事例であり、出生届を親の氏名が空欄のままで受理できるの…

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド5月18日

ロシアによるウクライナ侵攻の報道で、兵器の値段が出てくることがある。驚かされるのはその高額なことと消耗の激しさだ。ロシアの戦車は1両1億数千万円、新型のものだと4億円以上…

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める5月13日

高齢者らを介護する家で使わず余った新品の紙おむつを寺で集めて必要な家庭などに贈り、同時に“支え合いの心”を広めようという「お寺おむつプロジェクト」を大阪府柏原市の寺院が発…

巨大な素屋根の中で表白を唱える五條管長

仁王門の解体始まる 70年ぶりに修理 総本山金峯山寺

ニュース5月24日
鎮魂之碑の前で追悼法要を行うみなかみ町の僧侶ら

インドネシア・スマラン事件 犠牲の邦人らを追悼 群馬みなかみ町

ニュース5月24日
慶讃文を読み上げる及川貫首

降誕800年、開創700年祝う 及川貫首「法華経道場守る」 日蓮宗妙顕寺

ニュース5月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加