PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

ブッダの誕生 帰依し伝えた仏弟子たち

2022年4月8日 12時43分

ゴータマ・ブッダ(釈尊)の生誕、出家、そして成道、すなわち「ブッダの誕生」によって人類は仏教という豊かな智慧に触れ、人が人として正しく生きる道、生命の尊さに目覚めて心の安らぎを得ることができるようになった。教えの全容は複雑多様で、一冊の聖典に集約されるものではない。

多くの仏伝は、35歳の成道から80歳の入滅まで、ブッダの生涯の45年間は遊行の旅であったことを伝えている。その言葉は弟子たちによって聞き取られ、また帰依した人々との対話や行動の記録が人から人へ伝えられてインド全域からスリランカ、西域を経て中国、さらには朝鮮半島から日本に達した。仏滅後の編集作業と様々な革新を繰り返して膨大な経典群が成立し、伝承された地域それぞれの歴史や風土、文化や民族感情などの影響を受けながら大河のように豊かな教えの体系として世界に流布し展開している。

これまでの研究で、仏教の歴史は、ブッダ入滅後の間もない時期に教えと弟子たちの言行を確認・編集する「結集」が行われ(第一結集)、さらに教えの解釈を巡って教団内に異論を生じて「第二結集」の動きとなり、保守派の上座部と革新的な大衆部への分裂に発展したと概観されている。我が国の仏教は、在家信者たちを交えた新しい大乗仏教運動の開花と成熟の結果と言ってよい。

どんな教えも、その教えに感化され、帰依する人がいて伝播し後世に伝えられる。仏伝は、ブッダが真実の道に目覚め真理を説き始めた初転法輪の時に教えを理解したアンニャータ・コンダンニャを「仏弟子の誕生」としている。一緒に5人が仏弟子となり、次いで火の行者カッサパ3兄弟と弟子千人が帰依した。その後、サーリプッタ(舎利弗=智慧第一)とモッガラーナ(目連=神通第一)および、その一行250人が帰依し、さらにマハー・カッサパ(摩訶迦葉=頭陀第一)、アーナンダ(阿難・阿難陀=多聞第一)らが相次ぎ弟子となった。

帰依した修行僧たちが、解脱の境地に目覚め得た喜びを詩句として集成した「テーラガーター」(『仏弟子の告白』中村元訳)には、尊い教えによって煩悩の束縛から離れ、心の安定を得て新しい人生に踏み出した感興がつづられており、読む者に感銘を与えずにはいない。

釈尊降誕を祝う意味は、仏教の原点を尋ね、ブッダの教えを思い起こすというだけではないだろう。この私が一度きりの人生を生き生きとして生きること、その意味を確かめる機縁としたい。

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療5月20日

熊本市にあるカトリック系の慈恵病院で10代の女性が病院だけに身元を明かす「内密出産」で昨年末に子供を産んだ。国内初の事例であり、出生届を親の氏名が空欄のままで受理できるの…

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド5月18日

ロシアによるウクライナ侵攻の報道で、兵器の値段が出てくることがある。驚かされるのはその高額なことと消耗の激しさだ。ロシアの戦車は1両1億数千万円、新型のものだと4億円以上…

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める5月13日

高齢者らを介護する家で使わず余った新品の紙おむつを寺で集めて必要な家庭などに贈り、同時に“支え合いの心”を広めようという「お寺おむつプロジェクト」を大阪府柏原市の寺院が発…

巨大な素屋根の中で表白を唱える五條管長

仁王門の解体始まる 70年ぶりに修理 総本山金峯山寺

ニュース5月24日
鎮魂之碑の前で追悼法要を行うみなかみ町の僧侶ら

インドネシア・スマラン事件 犠牲の邦人らを追悼 群馬みなかみ町

ニュース5月24日
慶讃文を読み上げる及川貫首

降誕800年、開創700年祝う 及川貫首「法華経道場守る」 日蓮宗妙顕寺

ニュース5月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加