PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

平和の規範破壊 核の脅迫は許されない

2022年4月20日 12時19分

ロシアのウクライナ侵攻は暴力によって支配領域拡大の意思を通そうとするものだ。他国への軍事侵略は、第2次世界大戦後に国際社会が保とうとしてきた平和の規範を破るものであり、正当性がない。国連憲章の前文には「基本的人権と人間の尊厳及び価値と男女及び大小各国の同権とに関する信念」が掲げられる。また「寛容を実行し、且つ、善良な隣人として互に平和に生活し、国際の平和及び安全を維持するためにわれらの力を合わせ、共同の利益の場合を除く外は武力を用いない」とある。大戦への反省から国家エゴイズムの克服が強く意識されていた。

ロシアのウクライナ侵攻はこうした理念に明確に背いている。戦闘員ではないウクライナの多くの人々が殺傷され、難民と化している事態を引き起こしたことは、決して正当化できない。加えて、プーチン大統領が核兵器の使用をほのめかしていることも看過できない。これまで核兵器の保有はそれによって戦争を防ぐためだと主張されてきた。核抑止論である。だが、プーチン大統領は攻撃のために核兵器を用いると脅迫して軍事上の優位を得ようとしている。核を攻撃的に用いる可能性をあからさまに示したのだ。

このように暴力的支配を露骨に肯定する態度を大国の首脳が示したのは、現代世界にとって深刻な脅威である。世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)は3月2日に発出した「ウクライナ情勢に対する声明」で、「この度のロシアによる軍事攻撃とそれに伴う核使用への言及は、世界を破滅の道へと導くものであり(中略)、平和を願う世界の多くの人々の良心を裏切る行為に他なりません」とした。

大戦後に世界が共有した平和や基本的人権の価値観を、かなぐり捨てる大国の政治指導者の行動は新しいわけではない。21世紀に入ってからの米国のブッシュ大統領のアフガン攻撃やイラク攻撃、中国のウイグルや香港での抑圧的な支配などは、これほどあからさまでないにせよ、力による抑圧的支配の動向を明確に見せていた。

冷戦体制の崩壊前後から、市場経済によるグローバル化が進むとともに、市場経済を通した力の行使があからさまに進んだ。新自由主義と呼ばれる政治経済の在り方が、力による支配の拡充と国家エゴイズムを正当化してきた。そして、それを受けて大国の有無を言わせぬ力の支配の姿勢があらわになってきた。大国の暴力支配への批判は、エゴイズム肯定の国際政治経済の見直しにまで至る。モラルが問われており、容易ではない重い課題が立ちはだかっている。

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後5月25日

生老病死は誰一人として避けて通れない道である。そこには僧侶も在家者も、老若男女の区別もない。老いが進み、病床に伏すようになれば施設や病院で人生の最期を迎えるのも僧俗に格別…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療5月20日

熊本市にあるカトリック系の慈恵病院で10代の女性が病院だけに身元を明かす「内密出産」で昨年末に子供を産んだ。国内初の事例であり、出生届を親の氏名が空欄のままで受理できるの…

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド5月18日

ロシアによるウクライナ侵攻の報道で、兵器の値段が出てくることがある。驚かされるのはその高額なことと消耗の激しさだ。ロシアの戦車は1両1億数千万円、新型のものだと4億円以上…

本社神輿3基がそろって氏子地域を巡った

三社祭、活気再び 本社神輿3基、3年ぶり渡御 浅草神社

ニュース5月27日
消えずの火を点火する椋田委員長㊧と中村副委員長

大師「消えずの火」後世に 宮島弥山・大聖院で灯火台落慶 生誕1250年委

ニュース5月27日
室中の間の玉龍(第6龍)の前に座る細川氏㊨と松山住職

細川元首相、龍安寺に襖絵奉納 雲龍図40面のうち32面完成 開基・細川勝元550年遠諱記念

ニュース5月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加