PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

救うということ 仏像を貧者に与えた栄西

2022年4月27日 10時06分

人間の生きている現実と、どう生きるべきかといった問題は、時代や状況が変わっても本質的なところでは何も変わっていないように思われる。いま私たちは、人が人をどうしたら救えるのか、隣人の苦しみにどう対処すべきかに答えを迫られる困難な現実に直面している。

ウクライナの人たちを支援する動きが広がる一方で、足元を見れば生活苦を抱えるたくさんの人が日本にもいる。この現実を放置して他国民の苦しみに手を差し伸べる余裕はないという考えもある。しかし目の前に苦しむ人がおり、助けを求めているのに、私には力がないと言えるだろうか。

1930年代のアメリカで、地主に土地を追われた農民が別天地を求めて荒漠たる大陸を移動する苦難を描いたスタインベックの『怒りのぶどう』に、露営でシチューを作る母親の周りを、どこからか集まった飢えた子どもたちが物欲しげにうろつく場面がある。母親は「自分たちも食べるのが精一杯だ。お前たちに何も与えることはできない」と告げるが、家族にシチューをつぎ分けた余りを鍋底に残し、それを子どもらは手にした棒切れで競うように掬って舐める。苦境にあえぐ者が隣人の苦しみに何をしてやれるのかという問いへのぎりぎりの答えである。

道元禅師の言葉を聞き書きした『正法眼蔵随聞記』に、こんな話がある。栄西禅師在世の時、建仁寺に貧者が訪ねてきて「貧しくてご飯も炊けない日が続いている。夫婦息子の三人は餓死しそうだ。慈悲を以て救ってください」と訴えた。しかし建仁寺の台所も苦しく、与えるほどの衣食財物等は何もなかった。栄西禅師は薬師仏の光背を造るために打ちのめした銅が少しあることに思い至り、これを自ら折り束ねて丸め、貧しい客に与えて言った。「これを食物に換えて飢えをふさぎなさい」

貧者は喜んで去ったが弟子たちは驚き、「仏像を造る材料を俗人に与えるとはどういうことですか。仏様のものを処分して罪にならないのですか」と問うた。栄西禅師は答えた。「誠にその通りだ。ただし仏は身肉手足を割いても衆生に施される。目の前で餓死する衆生がいれば、仏の全身を与えても仏意にかなうに違いない。たとえその罪によって私が悪趣に堕ちようとも、衆生の飢えを救うべきだ」と。

道元禅師は修行僧に対し「先達の心中をよく考えてほしい。忘れてはいけない」と言葉を添えている。出家の道とはいえ、このような生き方が示されていることを心に留めておきたい。

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療5月20日

熊本市にあるカトリック系の慈恵病院で10代の女性が病院だけに身元を明かす「内密出産」で昨年末に子供を産んだ。国内初の事例であり、出生届を親の氏名が空欄のままで受理できるの…

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド5月18日

ロシアによるウクライナ侵攻の報道で、兵器の値段が出てくることがある。驚かされるのはその高額なことと消耗の激しさだ。ロシアの戦車は1両1億数千万円、新型のものだと4億円以上…

介護用品贈与通じ 支え合いの精神広める5月13日

高齢者らを介護する家で使わず余った新品の紙おむつを寺で集めて必要な家庭などに贈り、同時に“支え合いの心”を広めようという「お寺おむつプロジェクト」を大阪府柏原市の寺院が発…

巨大な素屋根の中で表白を唱える五條管長

仁王門の解体始まる 70年ぶりに修理 総本山金峯山寺

ニュース5月24日
鎮魂之碑の前で追悼法要を行うみなかみ町の僧侶ら

インドネシア・スマラン事件 犠牲の邦人らを追悼 群馬みなかみ町

ニュース5月24日
慶讃文を読み上げる及川貫首

降誕800年、開創700年祝う 及川貫首「法華経道場守る」 日蓮宗妙顕寺

ニュース5月23日
このエントリーをはてなブックマークに追加