PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

分岐点に来た平和主義 問われる宗教界の努力

2022年5月11日 12時49分

ウクライナ危機が酸鼻を極める中、初期仏典「ダンマパダ」が説く「恥を知らず、烏のように厚かましく(略)大胆で、心の汚れた者は生活し易い」(中村元訳『真理のことば』)という教えで、すぐさまロシアの指導者の名が浮かぶ。核で脅し、他国に侵攻して思うさま残虐な蛮行を続け、自己の行為を正当と主張する。その横暴に世界が手をつかねている。

仏典は続いて「恥を知り(略)つつしみ深く、真理を見て清く暮す者は、生活し難い」と説示する。対照をなす二つの言葉から、日本国憲法の前文を思い起こした。

憲法公布から施行までの半年間に『新憲法の解説』『新しい憲法明るい生活』『あたらしい憲法のはなし』の三つの啓発冊子が作られた。最初に公刊された『新憲法の解説』(内閣発行)は、憲法前文の「日本国民は、恒久の平和を念願し」以下の文章について「世界に先駆け戦争放棄を規定した(略)平和主義の日本を、武力の脅威から守ることは、平和愛好国民の信義に委せる。信を人の腹中に置くという立派な態度を示し」と格調高く語る。

それが現憲法の原点であり、国益や権謀術策が渦巻く国際社会で、仏典が説く「生活し難い」道を選択したともいえる。

制定の経緯はさておき、国は新憲法の普及に並々ならぬ努力をした。半官半民の憲法普及会が創設され、憲法施行に合わせ、当時大衆的人気があったサトウハチローと中山晋平に作詞、作曲を依頼して「憲法音頭」も発表された。

だが、その後、東西の冷戦激化で平和主義は苦難の道をたどる。ただ、平和憲法に国の未来を託した先人たちの熱意に比し、昨今、憲法前文と戦争放棄の9条を主たるターゲットに置く改憲論の言葉の軽さは目に余る。改憲派が迫る敵基地攻撃能力の保有が専守防衛を危うくすると批判されれば「反撃能力」と言い換える。これは一例にすぎない。それでも改憲勢力の勢いはウクライナ危機で助長されていることが、3日の憲法記念日の諸行事でもうかがえた。平和主義は曲がり角に来ている。

話を戻して、国家間の関係に仏典の教えを持ち込むのは無理があろう。だが、憲法前文が「諸国民の公正と信義」を信頼する、と強調していることを忘れるべきではない。ロシアにも平和を愛好する国民が少なくないはずである。

宗教団体の行う社会貢献で、平和の増進に関する活動に人々の期待が高いという報告もある。ブッダや教祖の教えを現代に応用し、憲法論争を正しい方向に導く努力が宗教界に求められている。

僧侶の生老病死 寺院の外で迎える老後5月25日

生老病死は誰一人として避けて通れない道である。そこには僧侶も在家者も、老若男女の区別もない。老いが進み、病床に伏すようになれば施設や病院で人生の最期を迎えるのも僧俗に格別…

いのちを社会で育てる 内密出産と不妊治療5月20日

熊本市にあるカトリック系の慈恵病院で10代の女性が病院だけに身元を明かす「内密出産」で昨年末に子供を産んだ。国内初の事例であり、出生届を親の氏名が空欄のままで受理できるの…

戦争の愚かさ 時代遅れの悪質なプライド5月18日

ロシアによるウクライナ侵攻の報道で、兵器の値段が出てくることがある。驚かされるのはその高額なことと消耗の激しさだ。ロシアの戦車は1両1億数千万円、新型のものだと4億円以上…

本社神輿3基がそろって氏子地域を巡った

三社祭、活気再び 本社神輿3基、3年ぶり渡御 浅草神社

ニュース5月27日
消えずの火を点火する椋田委員長㊧と中村副委員長

大師「消えずの火」後世に 宮島弥山・大聖院で灯火台落慶 生誕1250年委

ニュース5月27日
室中の間の玉龍(第6龍)の前に座る細川氏㊨と松山住職

細川元首相、龍安寺に襖絵奉納 雲龍図40面のうち32面完成 開基・細川勝元550年遠諱記念

ニュース5月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加