PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

リモートでは限界 コロナ下でのふれ合い重く

2022年6月3日 09時49分

コロナ禍が長引き、ステレオタイプに人同士の接触を排除する傾向が続く。だが、人間にとって極めて大事な「ふれ合い」を、状況を勘案することなく退けることの危険性も各方面から指摘されて久しく、例えば大阪で幼稚園を運営する寺院住職は、情操教育において「園児も保育士もずっとマスクで表情が見えない状態のままでは危ない」と警告する。

そんな中でも、感染防止に工夫しながら子供たちの交流や居場所づくりに取り組む宗教者も各地に多い。長年、放課後の小中学生らに寺を「子ども文庫」として開放し、親しまれてきた奈良県の寳樹寺は、今年に入っても「おやつ」を持ち帰りに、密になるゲームを中止するなどの措置を講じながら毎週のように続けている。

児童らの歓声が響く本堂で、中村勝胤住職は「リモートでは絶対に伝わらないものがある。特に小さな子にはスキンシップは大事」と実感している。複雑な家庭環境や塾通いなど子供の置かれた事情は様々で、「ゆっくり安らげる『文庫』は、いわば彼らの不可欠なインフラ。単純に閉鎖、はあり得ない」と話す。

三重県の西光寺では、寺の前の畑で子らが季節の野菜を栽培し、親たちも含めて一緒に食べる「さいさい」という行事を継続してきた。食事はさすがに制限しているが、工作や花の種まき、自然観察会も取り入れながら、四季折々の畑仕事、ジャガイモやホウレンソウなどの作物収穫に汗を流す。

先日は、畑で収穫後に抜いたブロッコリーの株にまだ豆粒ほどの実が残っているのを幼い参加者が見つけて喜びの輪ができ、皆でいくつ探し出すかという“競争”に笑顔が広がったという。

「さいさい」を運営する寺族の西千晴さんは「対面で、人のつながりとともに自然を五感で感じるという体験は、子供にも参加する大人、スタッフにも貴重なことです」と強調する。土の温かみや匂い、植物の発芽、そこにいる虫などの動きは映像やデジタル情報では体感できないのだ。

インターネットなどリモートの一面の便利さから、まるでそれが万能であるかのような浅はかな勘違いも広がっているが、リモートで全て事足りるような取り組み、行事や仕事は、元々その程度のものであろう。

生身の人間のふれ合いでしか得られないものの重みは、宗教者がよく知っているはずだ。そもそも宗教そのものが、単なるメディアによる「情報伝達」ではなく、人間同士の向き合いを前提にしたものであるのだから。

認知症の心の世界 拈華微笑の教えに学ぶ6月24日

認知症はかつて痴呆と呼ばれていた。2004年に厚生労働省はこれを認知症と言い換えることにした。今日では認知症の語はすっかり定着している。痴呆では、それ自体が差別的表現であ…

脱成長の時代へ 成熟の先に何を求めるか6月17日

ITやAI(人工知能)の登場で社会構造の変革が急速に進み、文明は第4次産業革命の段階に入ったと言われて久しい。一方で18世紀末の産業革命以来、成長の原動力となり、大国によ…

米「宗教の自由報告書」 中露など特定懸念国に警鐘6月15日

アメリカ国務省はこのほど2021年度版国際宗教の自由報告書を発表した。ブリンケン国務長官は2日のプレスリリースで「宗教の自由は、私たちの憲法の権利章典に記されている最初の…

神社本庁総長人事 田中氏の再任を決議も統理の指名なく未就任

ニュース6月24日
大きな顔が特徴の広島大仏と田中住職

広島大仏、67年ぶり里帰り 原爆忌平和法要控え 数奇な運命、奈良・極楽寺から

ニュース6月24日
何我寺本堂に立つ知花昌一氏。寺名にはウチナーグチ(沖縄方言)の「ぬーが」(これは何)と、「我なんぞするや」(私は何をなすか)の二つの意味を込めた

【連載】復帰50年、沖縄仏教はいま〈終〉 戦後の再出発 ― 土地は基地に、複雑な思い

ニュース6月24日
このエントリーをはてなブックマークに追加