PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

問い直されている 自由社会日本の成熟度

2022年7月22日 11時38分

日本は国の財政が火の車なのに地政学的条件を背景に防衛政策やそのコストを巡り、宿命的な論争が続く。だが、いくら国防に力を入れても安全な社会は築けない。選挙遊説中の安倍晋三・元首相が暴徒の凶弾に倒れた事件で、そのことを改めて認識させられた。安倍氏は防衛費倍増や9条改憲を主導し、改憲4党で3分の2以上を占めた参院選の結果を受け、持論を推進するはずだった。それだけに事件の悲劇性は余計に際立っている。暴力は全て受け入れられないことを、重ねて表明しておきたい。

今後、暴力のハードルが低くならないか懸念がある。そのためにも事件の真相究明と情報開示が強く求められる。同時に強調しておかねばならないのは、国の安全保障と防衛力の強化は次元の違う話だということだ。今回の事件で国民の安全を巡る自由な言論に委縮などの影響があってはなるまい。

人類は数々の戦争の惨禍を踏まえて自由と人権、共感や思いやりなど近代国家が培ってきた普遍的な価値、また、宗教界が発する愛と慈悲のメッセージを深化させており、国の安全保障を成功へ導く力になるはずである。軍事力に頼るだけで平和は得られない。

だが、人は時代の潮流次第で自ら自由を手放し、また、自由が重荷になって、その重荷に耐えかね全体主義イデオロギーを希求することさえあるようだ。それを主テーマにしたエーリッヒ・フロムの主著『自由からの逃走』に下記の文章がある。フロムはドイツの社会心理学者でナチスに追われ、米国に帰化した人。同書の出版は第2次大戦中の1941年である。

「われわれは外にある力から自由になることにますます有頂天になり、内にある束縛や恐怖の事実に目をふさいでいる」「自由の問題はたんに量的なものではなく、質的なものであることを忘れている」。つまり人は「世論とか常識など匿名の権威」に迎合しやすく、その結果、自由を形骸化させ、社会の破滅を招いてしまうという歴史の証言と受け取れよう。

さて、日本はどうか。フロムの文章ですぐに「忖度」という言葉が浮かぶ。安倍政権時代の政治手法から生じた、言葉よりも空気で上司らの意向を推し量るという意味。そのことと関係するのか、約10年前から自由のサイズが小さくなったという指摘があるのは注意が要る。一例だが、報道の自由の国際評価が2010年に11位だったのが今年は71位になった。途上国並みだ。言論の自由の衰弱は民主主義の土台を揺るがす。忘れてはならない根本原則である。

家族、いのちとは問う 「ベイビー・ブローカー」で8月5日

カンヌ映画祭で二つの賞を受けた是枝裕和監督の映画「ベイビー・ブローカー」が注目を集めている。母親が事情があって育てることができない赤ん坊を預託する「ベビーボックス」。そこ…

循環に生きる 「断捨離」から再生へ8月3日

最近は洋服や着物のリメイク、家具類の修復再生、古民家のリフォーム(修繕)やリノベーション(包括的な改修)といった日常生活に身近なところでの「再使用(リユース)」「再生利用…

決して忘れない いのちの重み伝える7月29日

2016年7月に重度障がいのある入所者19人が殺害された津久井やまゆり園事件から26日で6年。今年も遺族や関係者らによる追悼会の知らせが来た。「忘れない、風化させない、後…

報告を行う大谷委員長㊨と広瀬理事長

戦争協力の記録後世に 末寺資料集め報告書 浄土宗平和協会

ニュース8月8日

大谷派有志、来春開校 オンラインで「親鸞仏教学舎」 10月からプレ基礎講座

ニュース8月8日

学徒に生を説いた衛藤の再評価訴え

ニュース8月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加