PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
お位牌Maker
PR
宗教文化講座 翠雲堂

家族、いのちとは問う 「ベイビー・ブローカー」で

2022年8月5日 14時49分

カンヌ映画祭で二つの賞を受けた是枝裕和監督の映画「ベイビー・ブローカー」が注目を集めている。母親が事情があって育てることができない赤ん坊を預託する「ベビーボックス」。そこに預けられた乳児を盗み出し、子供が欲しい夫婦に売るという“悪党”仲間の物語で、韓国が舞台。最終的には「商売」よりも生まれた赤ん坊のいのちを、彼らの道行きに付いてくる若い生みの母親の幸せを最優先に、赤の他人同士が心を通わせ奮闘するというストーリーだ。

「捨てるくらいなら産むな」「産まずに中絶するのとどちらが罪か」などの台詞もあるが、人身売買を指弾する狙いでも、ベビーボックスの存在を論議するだけの映画でもなく、「家族とは」「人と人のつながりとは」、つまり「いのち」を正面から深く多角的に描いたドラマだ。自分一人じゃ何もできないと嘆く母親に、仲間のリーダーは「一人で全てを背負うことはないよ」と言う。

主人公たちは幼時に親に捨てられたり、犯罪に流れたり、離婚で家族が離散したり、それぞれに重苦しい経歴と事情を抱えている。無論、乳児売買は重大な犯罪だ。だがだからこそ、表面的な「美しい家族愛」のステレオタイプ物語では見えてこない、「善」も「悪」も兼ね備えた人間、いうなれば「凡夫」「罪人」の本質に根差す深い「いのち」観が立ち現れる。

世間からはじき出され続けた生みの母は「あんたらにもっと早く会っていたら捨てなかった」と話し、眠る赤ん坊を囲んで主人公たちが「生まれてきてくれてありがとう」と照れながら言い合う。

嬰児取り違え事件を基にした「そして父になる」、他人同士が疑似家族として結び付く「万引き家族」など伝統的家族観とは異なる一連の是枝作品にテーマがつながるが、それらがどれも国際的賞に輝いたのは、根本から「家族とは」を問う内実が国の文化を超えて評価されるからに他ならない。

「伝統的」と言っても日本でも時代によって家族の形態は大きく変化してきた。特に近年の激変は、住宅難や子供を産み育てる余裕がないなどの社会経済的要因、政策のありようにも関わっており、道徳や倫理観の問題に一面化して嘆くだけでは何の解決にもならない。

宗教者も大きく貢献している里親や養子縁組、第三者からの卵子精子提供による出産、同性婚での子育てなど、複雑な現代社会で多様な道を選びながら人と人とがつながって生きていく。そのような現実の「家族」の在り方を前提に「いのち」に寄り添うことが宗教者にとっても大事な役目だ。

循環に生きる 「断捨離」から再生へ8月3日

最近は洋服や着物のリメイク、家具類の修復再生、古民家のリフォーム(修繕)やリノベーション(包括的な改修)といった日常生活に身近なところでの「再使用(リユース)」「再生利用…

決して忘れない いのちの重み伝える7月29日

2016年7月に重度障がいのある入所者19人が殺害された津久井やまゆり園事件から26日で6年。今年も遺族や関係者らによる追悼会の知らせが来た。「忘れない、風化させない、後…

政界が最も遅れている 「カルト問題」のリテラシー7月20日

安倍晋三・元首相の殺害事件で改めて旧統一教会(現在は世界平和統一家庭連合)の存在が社会的に注目を集めている。 一般の市民にとって霊感商法や合同結婚式など旧統一教会の活動と…

報告を行う大谷委員長㊨と広瀬理事長

戦争協力の記録後世に 末寺資料集め報告書 浄土宗平和協会

ニュース8月8日

大谷派有志、来春開校 オンラインで「親鸞仏教学舎」 10月からプレ基礎講座

ニュース8月8日

学徒に生を説いた衛藤の再評価訴え

ニュース8月8日
このエントリーをはてなブックマークに追加