PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

おれたちの伝承館 原発事故状況をアートで(12月15日付)

2023年12月20日 09時31分

「若い人たちの『負けないぞ』という心意気を感じます」と東京電力福島第1原発の事故に翻弄され続ける福島県の住職が讃えるのが、事故の被害や影響、衝撃を表現した若手作家の芸術作品を展示する南相馬市小高の「3・11&福島原発事故伝承アートミュージアム おれたちの伝承館」。絵画や写真、オブジェなど様々な手法で未曽有の災厄を伝える試みに、7月の開館以来、各地から多くの入場者が詰め掛けている。

略称「おれ伝」は、事故後10年以上も東京から現地に撮影に通い続けた写真家の中筋純氏が仲間のアーティストたちにも呼び掛け、原発問題をテーマとする作品群の展覧会を開いたのがきっかけ。東京をはじめ関東や北陸など各地を巡回した後に、避難で空き家になった小高の倉庫跡を常設館に改造した。21人の作家の計80点余りが展示されている。

入るとまず、帰還困難区域のバリケードと「立入禁止」看板を模した現代アート、長年町民の避難が続きゴーストタウン同様になった同県双葉町に掲げられていた「原子力 明るい未来のエネルギー」という皮肉な看板のレプリカ作品などが、いやが応でも事故後の悲惨な現実を突き付ける。傍にある、住民の強制避難中に家畜舎につながれたまま被ばくし餓死した牛の骸骨を和紙で再現した造形は、鑑賞者の胸を締め付ける。

奥には、爆発した原子炉建屋を怪物に見立てた不気味なコンピューターグラフィックもあれば、失われた故郷ののどかな自然風景を描いたアクリル画、躍動する生物たちの彫刻、人間文明の行方を問うような細密な写真や立体表現が2階までずらりと並ぶ。天井には「命煌めき」と題した巨大で色鮮やかなペイントが飾られ、屋外にも第1原発の方向を指し示す大きな矢印形の作品がある。

多くの表現者たちが自分の手段で精いっぱい問い掛けを発する熱気が伝わる。小高に転居し、まず建物の除染から始めた中筋氏は「仲間が力を合わせて開館できた。作品を見て、事故は一体何を問い掛けたのか、私たちはこの状況をどうすればいいのかを考えてほしい」と訴える。

震災と原発事故については小説や詩などの文学、映画や舞台など多彩な表現媒体で原発事故後の人間社会を描いた作品も発表されているが、被災現地で常設でアートを鑑賞できる意義は大きい。地元の住職は「まだまだ町に住民が戻らない中で、明日にかける人々の希望でもあり、事故体験の風化にへこたれないという抵抗の象徴でもあります」と語る。

過疎地置き去りの悲劇 東京一極集中の裏返しだ(2月21日付)2月22日

普段は気付かない理不尽な世のありようが災害時に可視化されるという経験則が、能登半島地震でも顕著に表れた。被害の深刻さが判明するのに日数を要し、従って被災者救援の初動も遅れ…

災害時に即応する体制 教団のネットワークを活用(2月16日付)2月20日

宗教教団、特に伝統仏教は全国レベルの組織を持ち、能登半島地震でもそうであったように、災害時にそれを活用することは大きな意義がある。福島県いわき市・阿弥陀寺の馬目一浩副住職…

データ保存の問題 消されたオウム関連資料(2月9日付)2月16日

図書館や博物館、大学などでデジタルアーカイブの構築が進んでいる。技術の進歩で、文字情報だけでなく画像や動画もデジタル化し、画素数をさほど劣化させない状態で保存が可能になっ…

総長演説に立つ服部秀世宗務総長

ホテル事業、外部委託検討 曹洞宗議会で総長方針示す 建て替えの必要性も指摘

ニュース2月22日

新しい「領解文」焦点に 本願寺派宗会28日に招集 賦課基準なども議論

ニュース2月22日

新しい「領解文」 「宗派学習会での意見公開を」委員から要望の声 本願寺派常務委予算補正など承認

ニュース2月21日
このエントリーをはてなブックマークに追加