PR
購読試読
中外日報社ロゴ 中外日報社ロゴ
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
新規購読紹介キャンペーン
PR
2024宗教文化講座

2023年の宗教界 大きな時代の変化を示す(12月20日付)

2023年12月27日 09時57分

カリスマ的といわれた宗教家の死が相次いだ。3月2日に幸福の科学の大川隆法総裁、10月16日に冨士大石寺顕正会の浅井昭衞会長、そして11月15日には創価学会の池田大作名誉会長が死去した。このうち、大川総裁は60代半ばであったので、今後の教団活動への影響は非常に大きいと考えられる。

10月にローマカトリックのシノドス第16回総会が開始された。世界代表司教会議と訳されるように従来男性中心の会議であった。だが教皇が初めて女性の投票権を認める考えを示し、日本からも2人の女性が議員団に加えられた。

日本仏教も変化が萌している。4月10日に東寺真言宗の大本山・石山寺で鷲尾龍華座主の晋山奉告法要、同月19日には真宗興正派の次期門主・華園真慶嗣法の就任式が行われた。座主や門主というと、高齢の男性が通例であるが、そのイメージを覆した。

昨年2月のロシアのウクライナ侵攻以降、東方正教会内の対立が日本でも知られるようになった。10月7日のハマスのイスラエル奇襲攻撃によって始まり、その戦いは第2次世界大戦後に顕著となったユダヤ教とイスラム教を対立的に捉える構図を強めかねない。

日本には正教徒、ユダヤ教徒、イスラム教徒、いずれも少数しか住んでいない。このことも関係して、身近なことと捉える日本人は必ずしも多くはないかもしれない。ただイスラム教徒のモスク建設や墓地問題になると、近隣の住民は大きな関心を寄せる。モスク建設への反対は弱まる傾向にあるが、イスラム教は土葬なので、イスラム教徒向けの墓地建設にはまだ抵抗が大きい。5月に大分県にある別府ムスリム教会が、地元とイスラム教徒向けの土葬墓地を作ることへの合意をようやく得た。

宗教界は大きな課題と直面する例が見られた。神社本庁は総長人事問題で、かつてないほど大きな内部の対立が生じた。浄土真宗本願寺派では新しい「領解文」を巡って、派内で大きな議論が巻き起こり、依然論議が続いている。

10月13日に文部科学省が世界平和統一家庭連合(通称・統一教会)に対する解散命令を請求した。政治への介入や霊感商法などに対して、社会が厳しい目を注いだ。また統一教会やエホバの証人の信者などが提起している「宗教2世」問題によって、宗教の名のもとに行われる子どもの人権侵害等へ強い批判が生まれている。

これらがそれぞれどういう方向に展開するのか。そのありようが、広くは宗教に対する日本社会の信頼に関わっていく。

同性カップル「祝福」 宗教的対立はらむ生命倫理(6月7日付)6月12日

同性愛カップルに対する祝福の可否という問題を含むバチカン教理省の宣言「フィデューシア・サプリカンス」は発表以来半年たっても反響はなお静まらない。 カトリック内部にもジェン…

故郷への思いが力に 被災地に寄り添う支え(6月5日付)6月7日

故郷への思い、同郷人とのつながりが、災害時には大きな支えとなることが多い。困難な状況が長引く能登半島地震でも、例えば近畿一円に居住する石川県珠洲市出身者の「関西珠洲会」が…

性差への認識 曹洞宗の意識調査が示す現実(5月31日付)6月5日

曹洞宗宗務庁のSDGs推進委員会が宗議会議員や宗務庁役職員、青年会員ら宗門関係者を対象に実施したジェンダーに関する意識調査の結果、宗門内にジェンダーバイアス(性別・性差に…

行政の対応の在り方や他国との比較、宗教法人法や新法の解釈など幅広く議論するパネリスト

宗教法学会シンポ 法規制と信教の自由議論 行政対応や海外事例テーマに

ニュース6月13日
大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

大谷派参議会 同朋会運動・能登復興問う 改選初の招集 代表・一般質問 議長には加藤氏選出

ニュース6月13日
真言宗寺院の管長晋山式で挨拶する門川氏(市長在任中)

教師志し金光教学院へ 前京都市長「悩める人救いたい」

ニュース6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加