PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

「現代の匠」作品を一堂に 京都で仏教美術展 巧芸社

2019年4月11日 13時12分更新
出展される松久真や氏作の散華香合「舞天」「華厳」 出展される松久真や氏作の散華香合「舞天」「華厳」

仏教美術における「現代の匠」たちの作品を一堂に展示する「第28回現代仏教美術展」が4月13~16日、京都市左京区岡崎公園内の「みやこめっせ」(京都市勧業館)で開かれる。主催は仏像や荘厳具全般の企画設計・制作を手掛ける巧芸社(東京都豊島区)。

出展者は、仏師の由谷倶忘、中川大幹、仏絵師の松久佳遊、截金彩師の松久真やの各氏をはじめとする同展会員作家ら約30人。木彫仏像や仏画、仏具、蒔絵、金工、截金、漆器など約50点が展示される。

「寺院と作り手をつなぐ」をコンセプトに1992年から始まった同展は、開始当初から、会場に作家が待機して来場者からの批評や要望、質問に直接対応するという特色あるスタイルをとる。批評や要望は、より良い作品作りのヒントにもなり、創作活動をする上で大きな励みになるという。

最近では、当初から出品するベテラン作家に加えて次世代を担う作家の出品も目立つ。多くの作家たちが一堂に会して刺激し合うことで、「常に挑戦する」という雰囲気が生み出されているという。同展は作家たちが切磋琢磨する環境をつくる上で重要な役割を果たしているようで、今回も仏教美術の各分野を網羅して、作家たちの自信作を展示する。

期間中、2011年から続けている東日本大震災の被災地支援のためのチャリティー即売会も実施する。

主催する巧芸社は「作家たちがこの日のために精魂込めて作り上げた作品を展示します。ご来場いただき、批評を頂戴できればと思います」と話している。

入場無料。午前10時から午後5時まで(最終日は同4時閉場)。

詳細は同社ホームページで公開している。

「法要演出」などを通じ寺院の魅力発信をサポート

寺院の情報発信支援 境内の桜を空撮 レイ・クリエーション

4月22日更新

大阪市中央区のレイ・クリエーションは、寺院が情報発信するためのサポート事業を手掛けている。「法要演出」やプロモーション映像の制作、イベントの企画運営などを通じ、デザイン会…

丈夫で傷付きにくく メラミン樹脂材の立焼香机

丈夫で傷付きにくく メラミン樹脂材の立焼香机 クマダ

4月20日更新

仏壇・仏具を製造販売するクマダ(名古屋市熱田区)はこのほど、丈夫で傷が付きにくいメラミン樹脂材を素材に使ったオリジナル商品として、立焼香机を発売した=写真。寺院用仏具の企…

京都駅ビルの店舗リニューアル

京都駅ビルの店舗リニューアル 安田念珠店

4月19日更新

京都駅ビル専門店街「The CUBE(ザ・キューブ)」の大規模リニューアルに伴い、安田念珠店(本店・京都市中京区)の「京都駅 The CUBE店」が3月19日、リニューア…

PR

被災地8年目の春 復興への地道な歩み

社説4月17日更新

今夏のWCRP大会 日本からの発信に期待する

社説4月12日更新

幸福度の低さ 日本社会の深刻な病理

社説4月10日更新
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加