PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座
PR
中外日報宗教文化講座

「お香の日」街頭PR 香・未来の会

2019年5月22日 10時04分
「お香の日」街頭PR

薫物線香メーカーの業界団体・日本薫物線香工業会の若手経営者・後継者有志でつくる「香・未来の会」は、同工業会が「お香の日」とする4月18日、大阪市中央区の髙島屋大阪店前で日本の薫香文化を発信する街頭イベントを実施した。同会会員が背中に「香」と記した法被を着用し、線香のサンプルなどを詰めた袋を4千セット手渡しで配布した=写真。昨年に続いて2回目の開催。

線香メーカー27社が持ち寄ったサンプルは、伝統的な香木の香りから花やスイーツの香りまで幅広い。袋には無作為に選んだ数種類のサンプル、リーフレット、香立、マッチ、線香の製造工程を紹介した漫画の小冊子を収めた。

昨年は2千セットを用意したが、予定時刻を大幅に繰り上げて配布終了となったことで、今年はセット数を倍増した。またリーフレットのボリュームを増やし、「お香の日」の由来や線香とお香に関する情報などを簡潔に紹介した。

「香・未来の会」の髙橋幸治会長(天昇堂社長)は「薫香市場が年々縮小し、危機感を持っている。何かやらなければという思いで取り組んだ。サンプルをすぐに使っていただけるよう、今年からマッチを加えてお渡しした。この機会に若い方を中心にお線香に触れていただければ」と話していた。

梵字悉曇の手本帳 筆順表を掲載

梵字悉曇の手本帳 筆順表を掲載 豊山

6月14日

寺院や檀信徒向けの書籍出版などを手掛ける豊山(東京都文京区)はこのほど、塔婆に用いる梵字の手引として『梵字悉曇帖・十八章草紙手本』を発売した。字母51文字や塔婆の見本を平…

「お墓のみとり」のチラシ

死後に墓じまい 予約サービス 大橋石材店

6月13日

大橋石材店(神奈川県横須賀市)は、墓じまいの生前予約サービス「お墓のみとり」を展開している。お墓の継承者がいないために「墓じまい」をする人が増える中、「生きている間は先祖…

地震来ても安全な永代供養塔

地震来ても安全な永代供養塔 ナイガイ

6月12日

東北の石材メーカー・商社のナイガイ(山形市)は東日本大震災の経験を生かし、耐震ステンレスフレーム構造の永代供養塔「エコールユニティー」=写真=を開発した。永代供養…

PR

川崎無差別殺傷事件 「無敵の人」の誤用を考える

社説6月14日

SNSの闇 議論し、見識の蓄積を

社説6月12日

トリックはいけない 「令和」時代の改憲論

社説6月7日
宗教文化講座
  • 中外日報購読のご案内
  • 時代を生きる 宗教を語る
  • 自費出版のご案内
  • 紙面保存版
  • エンディングへの備え― 新しい仏事 ―
  • 新規購読紹介キャンペーン
  • 中外日報お問い合わせ
中外日報社Twitter 中外日報社Facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加