PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座2020
PR
宗教文化講座2020 墨跡つき仏像カレンダー2020

親と死別した子どもたちへ…ドナ・シャーマン著

2020年3月17日 09時32分
親と死別した子どもたちへ

著者は、アメリカ・オレゴン州ポートランドにある全米遺児遺族のためのグリーフ・ケアサポート施設「ダギー・センター」で長年にわたり指導者的立場にあった人物である。親と死別した子どものケアに当たる人、子どもの時に親と死別した経験のある人たちの一助となることを目的に書かれた。

世界的にも著名で、研修に訪れる日本の宗教者もいる同センター。その活動を通して得られた洞察や、死別体験を経た子どもについての先行研究を網羅的に検討する。子ども時代における親との死別は、「以前のあなたとは同じではいられない」ほどの衝撃的な経験であることを指摘。幾つかの指標からなる自己診断や、自己回復の助けとするための実用的な提案も盛り込まれている。決して「乗り越える」ことなどできない悲嘆と向き合いながら、親が生きていたらたどったであろう人生とは違ってしまった「今」を生きるための方向性を示してくれる。

親の死と、その後の人生に対する影響を受け入れるために最も大切なことの一つとして、自分の物語の意味を見つけ出すこと、「喪失から肯定的かつ希望にあふれた意味を紡ぎ出す」ことを提案する。読者も自らの人生における経験を振り返りつつ、本当の癒やしとは何かについて考えさせられる一冊。

本体価格2000円、佼成出版社(電話03・5385・2323)刊。

押田成人著作選集1

押田成人著作選集1

4月2日

山中に草庵を造り、自給自足の生活を営みながら修養に努めたカトリック神父・押田成人(1922~2003)。自らを「キリストと出会った仏教者」と称し、環境問題や仏教界にも提言…

比叡山の仏教と植生

比叡山の仏教と植生…道元徹心編

4月1日

大津市から京都市にまたがる比叡山の森林管理の現状や今後の課題について、龍谷大で行われた講演をまとめたもので、天台宗総本山比叡山延暦寺の僧侶や学者が執筆した。 礒村良定・同…

遺恨と無念

遺恨と無念…別府空由著

3月31日

著者は、奈良県香芝市にある浄土宗正福寺の住職。地元の奈良新聞で2014年5月から19年5月にかけて掲載されたエッセー132編の中から、93編を収録する。 著者の自坊がある…

修行の「厳しさ」 現代社会における価値

社説4月1日

地下鉄サリン事件25年 語り継ぐべきものの選択

社説3月27日

“復興五輪”の下で 原発事故への怒りやまず

社説3月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加