PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
宗教文化講座2020
PR
宗教文化講座2020 墨跡つき仏像カレンダー2020

天孫降臨考 -神武天皇推定即位年 邪馬台国雑考-…鈴木泰全著

2020年3月19日 14時01分
天孫降臨考 -神武天皇推定即位年 邪馬台国雑考-

今年は『日本書紀』が編集されてから1300年。著者は、その内容と中国の歴史書『魏志倭人伝』が合致していないことに着目し、最初の天皇・神武天皇の即位年を、明治期に制定された紀元前660年から約900年下った241年と推定する。

「皇紀2600年」の1940(昭和15)年、国中が奉祝ムードに沸いた。皇紀の根拠は、『日本書紀』にある「辛酉年春正月庚辰朔、天皇即帝位」の文言だが、干支の辛酉は60年に1度巡ってくる。著者は、第6代孝安天皇の在位期間が102年に及ぶなど、『日本書紀』には信じ難い点が多々あると指摘し、天皇在位の平均年数から事実を明らかにしようとする。

在位期間は時代が下るにつれて長くなる傾向があるが、第31~90代の平均は11・5年。第31代用明天皇(在位585~587)から、30代(11・5×30=345年)さかのぼり、その前後で辛酉に当たるのは西暦241年。神武天皇即位はこの年だと推測する。

この頃は卑弥呼が活躍した時代で、『日本書紀』に記述の多いコノハナサクヤヒメを卑弥呼とみれば符合する点が多いという。卑弥呼が治めた邪馬台国は、卑弥呼の音が変化した日向国であるとするなど、様々な古代史の謎に推論を提示している。

本体価格2000円、歴研(電話03・3779・3127)刊。

押田成人著作選集1

押田成人著作選集1

4月2日

山中に草庵を造り、自給自足の生活を営みながら修養に努めたカトリック神父・押田成人(1922~2003)。自らを「キリストと出会った仏教者」と称し、環境問題や仏教界にも提言…

比叡山の仏教と植生

比叡山の仏教と植生…道元徹心編

4月1日

大津市から京都市にまたがる比叡山の森林管理の現状や今後の課題について、龍谷大で行われた講演をまとめたもので、天台宗総本山比叡山延暦寺の僧侶や学者が執筆した。 礒村良定・同…

遺恨と無念

遺恨と無念…別府空由著

3月31日

著者は、奈良県香芝市にある浄土宗正福寺の住職。地元の奈良新聞で2014年5月から19年5月にかけて掲載されたエッセー132編の中から、93編を収録する。 著者の自坊がある…

修行の「厳しさ」 現代社会における価値

社説4月1日

地下鉄サリン事件25年 語り継ぐべきものの選択

社説3月27日

“復興五輪”の下で 原発事故への怒りやまず

社説3月25日
このエントリーをはてなブックマークに追加