PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
墨跡つき仏像カレンダー2020
PR
宗教文化講座2020 墨跡つき仏像カレンダー2020

六田知弘写真集 仏宇宙…六田知弘著

2020年3月26日 10時08分
六田知弘写真集 仏宇宙

写真家・六田知弘氏が約30年にわたって撮影してきた国内外の仏像・仏画、雲岡石窟やボロブドゥールをはじめとするアジア諸国の仏教遺跡などの写真から厳選した124点を収録する豪華写真集。

2008年に雲岡石窟の全容を撮影するなどアジア各地の仏像遺跡を訪ね、国内外の文化財・古美術品の撮影にも多く携わり、人々が祈りを捧げる「みほとけのかたち」を追い続けてきた著者の集大成となるもの。

前半の日本編と後半のアジア編に分かれ、日本編では、奈良・興福寺北円堂にある無著・世親菩薩像や円成寺の大日如来像をはじめとする運慶作の仏像、中宮寺の菩薩半跏像(伝如意輪観音像)といった、なかなか撮影許可の下りない国宝仏から、個人蔵の破損仏に至るまで、アジア編ではインド、中国、カンボジアをはじめ十数カ国の仏教遺跡の石仏や壁画など、収録内容は多岐にわたる。

作家で臨済宗妙心寺派福聚寺住職の玄侑宗久氏は本書に「一隅を照らす」と題する文章を寄せ、「『仏宇宙』とは、たぶん毘盧遮那仏の光明に照らされた万象のことなのだ。してみると、撮影中の六田さんは仏の『一隅を照らす』光をどこまでも媒してくれている」と高く評している。

日本語と英語で写真説明を付す。箱入り。

本体価格1万円、生活の友社(電話03・3564・6900)刊。

遺恨と無念

遺恨と無念…別府空由著

3月31日

著者は、奈良県香芝市にある浄土宗正福寺の住職。地元の奈良新聞で2014年5月から19年5月にかけて掲載されたエッセー132編の中から、93編を収録する。 著者の自坊がある…

武州拝島大師本覚院の歴史文化

武州拝島大師本覚院の歴史文化…川勝賢亮著

3月30日

天台宗本覚院(東京都昭島市)は「拝島大師」の名で庶民に親しまれてきた。正月2、3日の初縁日には、江戸時代から続く日本一早いだるま市で参道がにぎわう。 同院の創建は平安時代…

両親への贈り物に「生前戒名」という考え方

両親への贈り物に「生前戒名」という考え方…田口誠道著

3月27日

著者は、行政書士と住職(長野県・臨済宗妙心寺派長昌寺)の二つの立場で、これまで「終活」支援に取り組んできた。著者によると、一口に終活といっても、死を見つめた終活と、死をご…

地下鉄サリン事件25年 語り継ぐべきものの選択

社説3月27日

“復興五輪”の下で 原発事故への怒りやまず

社説3月25日

いのちとは何か 限定不可能な無限の尊さ

社説3月19日
このエントリーをはてなブックマークに追加