PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

教学研究室紀要 第一号…浄土真宗本願寺派高岡教区教学財団教学研究室編

2020年4月23日 13時03分
教学研究室紀要 第一号

親鸞聖人の生涯については確実な史料が乏しく、不明な点も多い。浄土真宗本願寺派高岡教区の教学財団教学研究室が2016、17年に開催した「親鸞聖人の実像に学ぶ公開講座」で講演した松尾剛次・山形大教授と平雅行・大阪大名誉教授のそれぞれが提唱する親鸞聖人の実像を紹介している。

松尾教授は「近代の実証主義史学は確実な史料のみによる歴史著述を目指し、間違いも含んだ伝承のたぐいはばっさりと切り捨ててきた」と批判し、従来は史料的価値が低いとされてきた『親鸞聖人正明伝』『御因縁』なども駆使する必要性を訴える。

対して、平名誉教授は「史実と伝承を混濁させ、想像の世界に立ち入るのは、歴史家としての本分を忘れた僭越な行為」とし、『正明伝』『御因縁』を研究対象から退ける。真反対ともいえるこの姿勢の違いは、親鸞聖人が公家の九条兼実の娘・玉日姫と婚姻したとされる話を歴史事実と認めるか否かなどの違いとなって現れる。

公文名眞室長はこうした両氏の相違点を解説し、「歴史解釈の多様性を学びつつ、一人ひとりがそこに何を読み込むかが問われている」と指摘。このほか、賛助会員の岡西法英氏による恵信尼消息についての論文なども掲載。

頒布価格1000円、同教学研究室(電話0766・22・0887)刊。

ヒューマンスケールを超えて わたし・聖地・地球

ヒューマンスケールを超えて わたし・聖地・地球…鎌田東二・ハナムラチカヒロ著

5月29日

「生態知」を追求する宗教哲学者と、景観設計を中心に映像や舞台表現も行うアーティストが対談し、人間を基準とした価値観「ヒューマンスケール」の克服を模索する。役者論、都市景観…

雲の流れに 古関裕而物語

雲の流れに 古関裕而物語…新井恵美子著

5月28日

生涯に約5千曲を残し、「栄冠は君に輝く」など、今も多くの作品が人々に愛される作曲家・古関裕而(1909~89)。放送中のNHK連続テレビ小説「エール」のモデルとして、その…

良寛 ー 人と書芸術の完成

良寛 ー 人と書芸術の完成…小島正芳著

5月27日

禅僧にして歌人、良寛の研究に身をささげる著者が手掛けた良寛シリーズ3部作の完結編。乙子神社草庵に移り住んだ60歳頃から始まり、人格も芸術も円熟味を増した晩年期に光を当てる…

「弱さ」を見つめる 「孤立化」克服する宗教の力

社説6月3日

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加