PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

仏典童話集 羽の水…野呂昶・文、畠中光享・絵

2020年5月1日 10時50分
仏典童話集 羽の水

釈迦やその弟子たちが人間の真の幸せや生き方について説いた『旧雑譬喩経』や『法句譬喩経』。これらの仏教経典を素材に、その本質を現代の人々に正しく感動的に伝えるため、児童文学作家が創作した童話20編を収める。挿絵は日本画家の畠中光享氏が描いている。

全体を通した二大テーマは「慈悲の心」と「智慧のはたらき」。自分の幸せよりも他人の幸せを大切にすることの尊さや、人間が葛藤や対立を避けて平穏に幸福に暮らすには智慧を正しく働かせることが大切だということを様々な具体例を示して説く。

メインターゲットは現代日本の幼い子どもであり、釈迦やその弟子が2500年以上前のインドで教えを説いた相手とは年齢や時代背景が大きく異なる。風俗や習慣などの大きな変容を踏まえて内容も改め、平易な表現を心掛けている。

書名の「羽の水」は、山火事からほかの動物を救うために命を懸けて一心不乱に奮闘するオウムが最終的に報われる様子を通して、慈悲の心を大切にすれば常に仏は優しく見守ってくれるものだと説く。大昔に説法を通して釈迦が説こうとしたことの核心部分を、現代の幼い子どもが簡単に理解できるような工夫が随所に見受けられる。

本体価格2800円、本願寺出版社(電話075・371・4171)刊。

ヒューマンスケールを超えて わたし・聖地・地球

ヒューマンスケールを超えて わたし・聖地・地球…鎌田東二・ハナムラチカヒロ著

5月29日

「生態知」を追求する宗教哲学者と、景観設計を中心に映像や舞台表現も行うアーティストが対談し、人間を基準とした価値観「ヒューマンスケール」の克服を模索する。役者論、都市景観…

雲の流れに 古関裕而物語

雲の流れに 古関裕而物語…新井恵美子著

5月28日

生涯に約5千曲を残し、「栄冠は君に輝く」など、今も多くの作品が人々に愛される作曲家・古関裕而(1909~89)。放送中のNHK連続テレビ小説「エール」のモデルとして、その…

良寛 ー 人と書芸術の完成

良寛 ー 人と書芸術の完成…小島正芳著

5月27日

禅僧にして歌人、良寛の研究に身をささげる著者が手掛けた良寛シリーズ3部作の完結編。乙子神社草庵に移り住んだ60歳頃から始まり、人格も芸術も円熟味を増した晩年期に光を当てる…

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日

問われる宗門の役割 「コロナ後」の法灯継承

社説5月22日
このエントリーをはてなブックマークに追加