PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

みんなに知ってほしい 日本のものすごい10人の住職…『月刊住職』編集部編

2020年5月18日 10時49分
みんなに知ってほしい 日本のものすごい10人の住職

伝統仏教の寺院住職を主な読者とする実務報道誌『月刊住職』の好評企画〈住職ルポ〉で、これまで取り上げた千人を超える住職の中からえりすぐりの10人を紹介する。

寺院住職は日本に約6万人、即ち約2千人に1人が「住職」という身分でありながら、世間も住職同士でさえ住職各個の境涯や活動をよく知らないのが実態だという。「どの住職も会えば驚くべき人生の達人だと現場を取材するたびに驚かされてきた」と語る月刊住職編集部による、ぜひみんなに知ってほしい「10人の住職」シリーズの1冊目。

本書には、貧窮者のため一日も欠かさず毎朝炊き出しを続ける山寺の住職や、伽藍焼失にもめげず無から全国に知られる「花の寺」に再興した住職、衰えかけた吉野の修験を命懸けで世界の名所にした住職ら、必死の取り組みで寺院をよみがえらせた住職たちが登場する。また女性で初の節談説教師として活躍する住職、「誰もが住み慣れた自宅で最期を」と身を捨てて医療に尽くす住職、さらに参拝ポイントカードや檀家出資で「太陽光発電」を成功させた住職や、自然生態系の破壊を警告し鳥類保護により寺檀興隆の成果を上げた住職、檀家ゼロから千軒余のかけこみ寺に発展させた住職らを紹介。寺院発展のヒントを実体験から学ぶことができる。

本体価格2000円、興山舎(電話03・5402・6601)刊。

ヒューマンスケールを超えて わたし・聖地・地球

ヒューマンスケールを超えて わたし・聖地・地球…鎌田東二・ハナムラチカヒロ著

5月29日

「生態知」を追求する宗教哲学者と、景観設計を中心に映像や舞台表現も行うアーティストが対談し、人間を基準とした価値観「ヒューマンスケール」の克服を模索する。役者論、都市景観…

雲の流れに 古関裕而物語

雲の流れに 古関裕而物語…新井恵美子著

5月28日

生涯に約5千曲を残し、「栄冠は君に輝く」など、今も多くの作品が人々に愛される作曲家・古関裕而(1909~89)。放送中のNHK連続テレビ小説「エール」のモデルとして、その…

良寛 ー 人と書芸術の完成

良寛 ー 人と書芸術の完成…小島正芳著

5月27日

禅僧にして歌人、良寛の研究に身をささげる著者が手掛けた良寛シリーズ3部作の完結編。乙子神社草庵に移り住んだ60歳頃から始まり、人格も芸術も円熟味を増した晩年期に光を当てる…

「弱さ」を見つめる 「孤立化」克服する宗教の力

社説6月3日

新しい生活様式と宗教 IT時代の在り方の確立を

社説5月29日

21世紀の宗教的課題 どの課題と取り組むか

社説5月27日
このエントリーをはてなブックマークに追加