PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

神社年鑑 令和2年度版…神社年鑑編集委員会編

2020年6月24日 10時00分
神社年鑑 令和2年度版

2017年の創刊以来4冊目となる『神社年鑑 令和2年度版』が刊行された。

今年度版は新型コロナウイルスの猛威により、当初予定していたオリンピック関連の企画を変更。巻頭で「2020年文化の世界発信」と題して①東京・神田神社に18年に開館した「神田明神文化交流館(EDOCCO)」の今後の文化活動の展開を巡る鼎談(同神社の大鳥居信史・名誉宮司と清水祥彦宮司、画家の松井守男氏)と、同館の活用の一例として狂言和泉流宗家の現代の狂言の姿を描く松井氏の活動②国立競技場の設計に関わった建築家・隈研吾氏の仕事③大國魂神社と氏子たちの挑戦を描いた映画「くらやみ祭の小川さん」――を特集する。

また「神社を核とした町興し・其の四」や、日本神話の語り部として長く活動し「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で15点の作品を披露したフランス人画家・マークエステル氏の歩み、インタビュー「日本を元気にするのは神代から続く『自然農』」(由井寅子・日本豊受自然農代表)なども掲載する。

全国主要神社の歴史や祭神、祭礼や見どころを収録する本編では、各地に点在する神社を俯瞰的に捉え、地域別に226社を掲載。

編集部では、本書を実際に神社を訪ねる際の案内書として利用してほしいとしている。

本体価格2500円、ギャラリーステーション(電話03・3865・0088)刊。

壬生狂言 鑑賞ガイド

壬生狂言 鑑賞ガイド…壬生寺編

7月8日

鎌倉時代に律宗壬生寺(京都市中京区)の中興の祖・円覚上人導御(1223~1311)が布教のために始めた無言劇「壬生大念佛会」(壬生狂言)。重要無形民俗文化財に指定され、節…

スティーブ・ジョブズの禅僧 宿無し弘文

スティーブ・ジョブズの禅僧 宿無し弘文…柳田由紀子著

7月7日

アップル創業者のスティーブ・ジョブズ(1955~2011)らが師と仰いだ僧侶・乙川弘文(1938~2002)の謎めいた生涯を、様々な証言を基に追究する迫真のドキュメンタリ…

東洋学術研究 2020 第59巻第1号

東洋学術研究 2020 第59巻第1号…東洋哲学研究所編

7月6日

東洋哲学研究所(東京都八王子市)が年2回発行する学術研究誌の通巻184号。 今号の特集1では「人類の未来と人権」をテーマに昨秋開いた連続公開講演会の講演録を掲載する。20…

中国との宗教間対話 立場の違い超え真の交流を

社説7月8日

拡大する格差と差別 問われる「平等」の理念

社説7月3日

憲法第89条解釈 宗教界の広い議論が前提だ

社説7月1日
このエントリーをはてなブックマークに追加