PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

歴史読本 念法眞教燈主物語…一宮良範監修・手塚容子文・生方工画

2020年6月29日 16時14分(2020年6月30日 15時53分更新)
歴史読本 念法眞教燈主物語

立教95年を迎える念法眞教歴代燈主(管長)の歩みを分かりやすくまとめた絵本。

物語は1925(大正14)年、開祖の小倉霊現・初代燈主が数え年40歳の時に、霊夢によって阿弥陀如来から「汝は常に六根を清浄にして天命を明らかにして世の人々を正しく導くように」とのお告げを受けるところから始まる。

開祖は自身に課せられた使命を自覚し、四天王寺で辻説法を行い、終戦翌年からは全国へ「親教」の旅を開始する。特に力を入れたのは不戦の誓いだ。開祖は常に戦闘帽をかぶり、「何百万という人たちがこの戦争で犠牲になった。それらの人たちのことを思うたら、ぜいたくなことはしておられん。だから戦闘帽を被って自分を戒めているのや」と説いた。戦後、物質的には豊かになったが、その恩恵に浴しながら感謝を忘れて物を粗末にしていると、その反動で再び困窮する日がやって来ると戒めたのだ。

後を継いだ次男の良現・二代燈主は「正しい日本」をつくるため北方領土問題や憲法問題など国の将来を左右する社会問題に熱心に取り組んだ。さらに、医師出身の稲山霊芳・三代燈主、現在の桶屋良祐・四代燈主までの歩みを記し、親しみやすいイラストと共に念法眞教について知ることができる。

本体価格1000円、善本社(電話03・5213・4837)刊。

近世の巡礼と大坂の庶民信仰

近世の巡礼と大坂の庶民信仰…北川央著

7月3日

観音霊場33カ寺を巡る西国巡礼は日本最古の巡礼路であり、昨年は文化庁が認定する日本遺産に登録された。西国巡礼は庶民にも流行し、江戸期には東国からの巡礼者は伊勢参宮、後には…

節談説教 第22号

節談説教 第22号…節談説教研究会編

7月2日

節談説教の再生を目指す宗派を超えた真宗僧侶有志による研究誌。2007年の結成から22号を数えた。今号は角岡賢一・龍谷大教授の「信仰と芸能という側面から見た説教」など論文2…

日本百観音霊場

日本百観音霊場…溝縁ひろし写真・文

7月1日

近畿地方に広がる西国三十三所、鎌倉から始まり関東一円に広がる坂東三十三所、埼玉県秩父地方の秩父三十四所から成る「百観音霊場」を、写真家の著者が旅情あふれる美しい写真と優し…

拡大する格差と差別 問われる「平等」の理念

社説7月3日

憲法第89条解釈 宗教界の広い議論が前提だ

社説7月1日

「震災伝承ロード」 伝える熱意と工夫が重要

社説6月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加