PR
購読試読
宗教と文化の専門新聞 創刊1897年
今年度「宗教文化講座」中止のおしらせ
PR
宗教文化講座中止のお知らせ 墨跡つき仏像カレンダー2020

この世とあの世 【講演集】…大法輪閣編集部編

2020年6月30日 10時40分
この世とあの世 【講演集】

「死後どこに行くか」という問題は誰にとっても重要な関心事であり、仏教や神道、キリスト教などでそれぞれの世界観がある。本書は在家仏教協会が2017年4月から1年間、開催した連続講演会の講演録で、11人の宗教者や研究者が諸宗教や倫理学における死生観を解説している。

唯識が専門の竹村牧男・東洋大前学長は深遠な思想・唯識に見る死生観を紹介する。阿頼耶識に関する『成唯識論』の説明「すべては仮の設定にすぎないのだ。あくまでも現在しかない」を引き、「ただ生きて、そしてただ死ぬ。その中で、生死を解脱するということを探求していただけたら」と呼び掛ける。神道学者の三橋健氏は「神道には歴史を一貫して、死後は『亡き母の国へ行きたい』との願いがある」と語る。このような願望は神道だけのものではなく、「宗派や教義を超えて、世界のどの民族にも普遍的に見られる」と述べている。

ほかの講演者は次の通り。阿満利麿・明治学院大名誉教授▽末木文美士・東京大名誉教授▽本多弘之・親鸞仏教センター所長▽田上太秀・駒沢大名誉教授▽華園聰麿・東北大名誉教授▽峯岸正典・曹洞宗長楽寺住職▽佐藤研・立教大名誉教授▽武田定光・真宗大谷派因速寺住職▽竹内整一・東京大名誉教授

本体価格2500円、大法輪閣(電話03・5466・1401)刊。

近世の巡礼と大坂の庶民信仰

近世の巡礼と大坂の庶民信仰…北川央著

7月3日

観音霊場33カ寺を巡る西国巡礼は日本最古の巡礼路であり、昨年は文化庁が認定する日本遺産に登録された。西国巡礼は庶民にも流行し、江戸期には東国からの巡礼者は伊勢参宮、後には…

節談説教 第22号

節談説教 第22号…節談説教研究会編

7月2日

節談説教の再生を目指す宗派を超えた真宗僧侶有志による研究誌。2007年の結成から22号を数えた。今号は角岡賢一・龍谷大教授の「信仰と芸能という側面から見た説教」など論文2…

日本百観音霊場

日本百観音霊場…溝縁ひろし写真・文

7月1日

近畿地方に広がる西国三十三所、鎌倉から始まり関東一円に広がる坂東三十三所、埼玉県秩父地方の秩父三十四所から成る「百観音霊場」を、写真家の著者が旅情あふれる美しい写真と優し…

拡大する格差と差別 問われる「平等」の理念

社説7月3日

憲法第89条解釈 宗教界の広い議論が前提だ

社説7月1日

「震災伝承ロード」 伝える熱意と工夫が重要

社説6月26日
このエントリーをはてなブックマークに追加